2chニュース速報まとめR速

2ch(2ちゃんねる)のニュース・速報板から気になる記事をまとめご紹介しています。ジャンルは政治、経済、芸能、スポーツ、社会、仕事、ゲーム…など面白そうなものを選んでいます。

40代

【中年】イケメンオヤジはNG!40代「ちょいダサ」オヤジが若い女子に人気!遂にお前らの時代到来へ

1: ダブルニードロップ(北海道)@\(^o^)/ 2014/12/06(土) 11:00:43.13 ID:hcxzQeVs0●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/button1_01.gif
やっぱり女は、デキる男と金持ちにしかなびかないのか……」と決めつけるのは間違っている! 
さまざまな証言によると、カネや才能とは直接関係のないところで、オヤジならではの「人間力」が評価されているのだ。
人間力とは日常の些細なシーンに顔を出すもの。女たちが「モテオヤジ」と認めた人物に共通する習慣を探った。
◆モテる40男は「ちょいダサ」
 ジローラモのようなスタイリッシュオヤジは、現実世界では通用せず。
「ファッション誌の完コピみたいなオヤジは、『若い女はアクセサリー』とか言ってそうで萎える」(26歳・Web制作)。
 無論、上質のアイテムをさりげなく着こなすオヤジは最高にカッコイイのだが、周囲に実例が乏しいらしく、洋服の調達先としてはGAPや無印などのカジュアルブランドが推される結果に(>>58�)。
 アンチエイジングについても、気を使ってほしい派となるべく自然にしてほしい派では、後者がやや優勢(>>>55�)。
「理想は吉川晃司。プロとしてカラダは鍛えているけど、白髪は放置。あれで染めていたら全然カッコよくない。健康のために最低限の運動はすべきだけど、若く見せようと頑張るのはナンセンス!」(34歳・広告代理店)
 居酒屋でのドリンクのチョイスに「ビール」より「ハイボールや本格焼酎」が支持された(>>>55�)のも興味深いところ。
「ビール派は、若いヤツらと一緒に『ウェーーイ』とか言ってそうで年がいがない感じ。オヤジならオヤジらしく渋い酒を飲んでいてほしい」(33歳・司書)
「正しく枯れる」のが正解だ。
<モテる生活習慣>
●ファッションアイテムは無印で十分
●白髪は放置してロマンスグレーに
●健康のためにカラダは鍛える
●ビールよりもハイボール
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141206-00736301-sspa-soci

続きを読む

【老後】40代は9割がピンチ! 定年までにいくら貯めればよいか

1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/06/02(月) 22:02:09.59 ID:???0.net
40代は9割がピンチ! 定年までにいくら貯めればよいか
2014年6月2日(月)
http://president.jp/articles/-/12664

金融広報中央委員会が運営するサイト「知るぽると」には、退職までにいくら貯めたらいいかの一例として次のような記述がある。

「退職後の生活費を350万円とし、年金の不足分を60万円とすると、20年分で1200万円。これに生活費以外に、予想される出費(自宅のリフォームなど)や予備費(病気や介護、事故に備えるお金)を加えたものが、退職までに準備したい金額になります。予想される出費を生活費の2年分、予備費を生活費の1年分とすると、合計で1050万円。生活費の不足分とあわせて2250万円になります」

この数字が妥当かどうか、フィデリティ退職・投資教育研究所の野尻哲史所長に聞いてみた。
 
「年間の生活費が350万円で足りるかどうかというのは当然、人それぞれで異なります。
また、ここでは20年分の生活費しか算出していませんが、60歳で退職した人は80歳以降の生活費がなくなってしまう。90歳まで生きた場合、どうなるのでしょうか」

実際、退職後にかかる生活費は退職前の生活レベルに比例する。仕事を辞めても簡単には生活レベルを下げることができないからだ。そのため、米国では「退職前の何%の水準で生活できるか」が、退職後の生活費を考えるうえでのベンチマークとなる。これを同研究所は「目標代替率」と呼ぶ。

野尻氏の説明では、総務省家計調査を基に、55~59歳の世帯データと、65歳以上で無職・年金などで年収350万円以上の世帯データを、できるだけ同じ条件になるように調整を加えて計算したところ、退職直前の月収は49万1320円(a)、退職後の必要月収は33万3640円(b)で、目標代替率は68%(b÷a)となった。

平成21年民間給与実態統計調査によれば50代後半の平均年収は595万円なので、退職直前の年収をほぼ600万円と仮定すると、その68%の408万円が、平均的な人のケースで退職後に必要な生活費という計算になる。

「高齢になると外出や食事量が減るので、目標代替率68%が退職後ずっと続くのは変だという意見もありますが、逆に年齢が上がれば確実に医療と介護の費用は増えます。夫婦で老人ホームに入るとしたらかなりの費用が必要で、高齢になってもそれほど支出は減らないと予想できます」(野尻氏)

また、老後の必要資金を計算する場合、平均余命を基準にするのが普通だが「半数の人は平均余命よりも長生きするので破綻します。そのため、当研究所では25%の生存確率となる年齢で計算しています」と野尻氏はいう。直近の簡易生命表から生存確率25%となる年齢を算出してみると、40歳男性の場合は89歳3カ月、40歳女性は94歳7カ月で、60歳定年なら35年間の生活費が必要となる。

以上を前提に退職後に必要となる資金総額を計算してみる。年間408万円×35年間で1億4280万円。

厚生労働省が発表している平成21年度の標準世帯厚生年金支給額は月額約24万円で、65歳から95歳までの30年間で受け取る額は8640万円。その差は5640万円だ。
今後の年金制度の改革等を考えると上積みしておく必要があるので、6000万円程度は自前で用意しなければならない。

「ただし、図1のように60歳から75歳までを『使いながら運用する時代』、75歳から95歳までを『厳格に使う時代』と位置付けた場合、60歳時点で6000万円を用意しなくてもよくなります。60歳から75歳まで年平均3%の運用ができれば、月額15万円程度の引き出しなら60歳時点で4224万円、月額10万円程度の引き出しなら60歳時点で2816万円を用意すればいいのです。

注意点は、60歳から75歳までの『使いながら運用する時代』は、『毎月15万円』というような定額引き出しではなく『その時点の運用額の4%』というような定率引き出しにして生活費の調整をすること。定額引き出しの場合、当初の運用が悪かった場合、元本が減ってしまって予定どおり運用できなくなる可能性があるのです」(野尻氏)

参考のために、退職後の資金準備のための30代からの投資プランの一例を示しておくと、図2のとおり。

年平均3%の運用ができれば、60歳時点で何とか3000万円弱を用意することができる。

ただ、ここでの前提は「最低でも40歳時点で500万円の貯蓄を用意しておくこと」。
45歳時点なら1000万円ほどの準備が必要だ。しかし、同研究所が40代を対象に行った調査によると、老後資金として1000万円以上を用意しているのは13.3%にすぎなかった。つまり、40代の9割近くは安心できない状態にあるということなのだ。

引用元: ・【老後】40代は9割がピンチ! 定年までにいくら貯めればよいか

続きを読む

【話題】 40代で年収300万円の「負け組」サラリーマンが株で1億円!

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/11/30(土) 11:11:31.48 ID:???0
www9945さんは億の資産を築くも、家賃5万5000円のアパートに住み続ける40代のビル管理会社で働くサラリーマン。
40代で年収300万円といえば、世間一般には「負け組」だろう。

しかし、もともと資産があったわけでもないのに、株でミリオネアの仲間入り。その極意を紹介しよう。

生来ギャンブル好きで、株も最初は投機狙い。一時はナンピン地獄に陥り、ワラントやオプションで貯蓄を減らし、資金効率を上げるために消費者金融ローンを使ってまで株取引をしては負けていた。

そんなwww9945さんがしっかりと投資で増やせる「真人間」になったのは2002年。

「ネットの掲示板に集まる勝ち組バリュー投資家に影響を受けました。配当・割安の原点に立ち返り、その人たちの渾身の1銘柄を自分の投資先に入れると、03年以降は素晴らしい成績になりました(笑)」

ただ、ここまで資産を大きく増やせたのは、www9945さんが「ガッチガチ」のバリュー投資家ではないからだ。
“禁断の信用取引”をうまく活用している点も大きい。

「信用取引を始めたのは2004年の冬。買いたい銘柄が増えたのと、消費者金融ローンの金利が4.2%だったのに対し、信用の金利は2.85%だったから。今は200銘柄くらい持っていますが、今も昔も偏りはスゴいですよ。上位3銘柄に資産の25%をつぎ込む感じです」

理由は、“渾身の数銘柄”が上がれば、不景気でも、下げ相場でも、成績がプラスになる経験をしたから。
「投資先って“偏らせてナンボ”だって思っているんです。だから必死になっていい銘柄を探して集中投資します」

www9945さんの投資法は、「スカイツリー」をイメージするとわかりやすい。スカイツリーは、低層部のショッピング施設が入ったソラマチタウンの部分が土台となり、その上に610メートルの高層タワーが載っている。

「約200の配当銘柄と優待銘柄がソラマチ部分。数銘柄の集中投資がタワー部分です。
2010年ごろから利回りや株主優待に目をつけ、どんどん保有銘柄が増えていっていたんです。パッとつかむと配当で3~4%、優待で2%で合計の利回りが5~6%なんていう銘柄がごろごろありました。それに注目したんです」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131130-00045345-diamond-bus_all&p=1
>>2

続きを読む
ブログパーツ
プロフィール

ふの

RSS
follow us in feedly
QRコード
QRコード
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ
にほんブログ村
アクセスランキング
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 【悲報】国民に「ステルス値上げ」がバレ始める
  • さんまは「時代遅れ」 厳しい風当たり 時代はサンドウィッチマン
  • 「ダイソー」を展開する会社が、初めて300円ショップへ
  • 「ダイソー」を展開する会社が、初めて300円ショップへ
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
最新コメント
スポンサードリンク
記事検索
最新記事(画像付)