1: キャプチュード(東日本)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 20:22:45.03 ID:1WTCof1O0.net BE:443951571-PLT(16555) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
本日は、「実は食い扶持になる個性派資格」をご紹介します。

初生ひな(ひよこ)鑑別師
個性派資格の中で、最も有名なのがこちらの「初生ひな(ひよこ)鑑別師」ではないでしょうか。簡単に言えば、孵化したヒヨコのオス・メスを瞬時に判別するお仕事。1日に8,000~10,000羽のヒヨコと戯れるそうです。一見楽しそうですが8時間労働の場合、1分間に16羽ものヒヨコを鑑定しなければならないため、よくよく考えてみると苛酷さが分かりますね。相当根気のいるお仕事だからか、平均年収500~600万とも言われており現在は世界各国から引く手あまたの状況。

色彩士検定(1~3級)
色彩士検定は、「社会的評価として色の知識や認識を評する」検定で、職業あるいは実生活における「色」の役割をどこまで理解しているかが求められる資格です。この資格を有すると、カラーコーディネーターやインテリアデザイナー、ファッション関連など多くの発展が見込めるでしょう。

葬祭ディレクター
葬祭ディレクターは、葬祭業界で働く人にとって必要知識や技能レベルを審査する制度。葬祭ディレクション業務は超高齢化社会の日本において、社会的重要性を増している職業です。価値観の多様化から画一的な葬儀だけではなく、今後より幅広い知識と柔軟な発想が必要。ただ将来性は抜群だと言って良いでしょう。

クリーニング師
クリーニング師は、読んで字の如く「クリーニングの専門家」に相応しい技能者を認定する資格です。クリーニング店は、その事業所ごとに1人以上の資格者を置かなくてはならないため、この資格を取れば食い扶持になるかもしれません。

余暇生活相談員/余暇指導開発士
余暇生活相談員は、端的に言えば「余暇時間を有効活用できるように助言する」お仕事。主な業務は、自治体と連携して「余暇」をテーマにしたイベント主催などでしょうか。

東京シティガイド
東京シティガイドは、首都・東京の成り立ち、そこから生まれた文化などを学んで海外や国内のお客様に紹介できる人材を認定する資格。穴場スポットや最新ニュースを収集できるため、それをデートや合コンで使えばめちゃくちゃモテる可能性アリ。
http://news.goo.ne.jp/article/urepia/trend/urepia-26177.html?fr=rk

続きを読む