1: 名無しさんR 2017/01/18(水) 20:38:58.64

学校や職場で、「自分は人よりも優れている」という態度を取る人に出会ったことが、誰しも一度はあるだろう。

no title


しらべぇ調査班が、全国の男女に調査したところ「自分は人よりも優れている」と思う人は、全体で16.4%という結果に。約6人にひとりは、自身に特別な才能を感じているようだ。

もちろん、ほんとうに才能があればいいのだが、中には優れていないのに「自分だけが優れている」と勘違いする人も…取材班は2名の女性に「優れている」と思い込んでいるイタい人を見たときの話を聞くことができた。

①パリに行くはずが…

「私は芸大に通っていたんですが。やたらと自分は優れていると思い込んでいる子がいて、周りの作品にダメ出しばかりしてきました。『私はパリで活躍するの』『あなたたちは、日本で必死に働くことになると思うな…』なんて上から目線で言ってくることも…。でもいざ蓋を開けてみたら、そのダメ出しをした子たちが世界に羽ばたいていき、彼女は誰にも才能を認められずに、芸術とは無関係の仕事に…。彼女や世界に羽ばたいでいった子たちを見て思いましたが、本当に優れている人は、謙虚なんだと思います」(女性・31歳)

②トラブルに遭った時に…

「高学歴だった元彼は、まさに自分は人より優れていると思っているタイプ。誰かがちょっと言い間違いをしただけで、鼻で笑いながら訂正したり。自分よりも学歴が低い人は、あきらかに上から目線で接したり。ある時、ちょっとトラブルが起こって彼が窮地に陥ったんですが。周りから『頭いいんだから自分でどうにかできるでしょ?』『いつも自分は優れているって言ってるし、大丈夫だよね!』と、見事に突き放されていました。自分は特別だと思って、周りを見下しすぎると、結局何かあった時に誰も助けてくれない。自業自得ですね…」(女性・27歳)

自己評価が低いといわれる日本人。自分が優れていると信じることは素晴らしいことだが、それを露骨に態度に出しすぎると、周りからは白い目で見られかねないようだ。

以下ソース
http://sirabee.com/2017/01/17/20161053847/

続きを読む