2chニュース速報まとめR速

2ch(2ちゃんねる)のニュース・速報板から気になる記事をまとめご紹介しています。ジャンルは政治、経済、芸能、スポーツ、社会、仕事、ゲーム…など面白そうなものを選んでいます。

ネコに噛まれ女性が死亡

1: 名無しさんR
西日本の50代女性が昨年、ネコにかまれた後にマダニが媒介するウイルス感染症「重傷熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症して死亡したことが、厚生労働省の調査で24日分かった。ネコからの感染は初めて。(共同)

http://mainichi.jp/articles/20170725/k00/00m/040/011000c

続きを読む

【猫小屋炎上】「地域猫」は迷惑?理解に温度差、小屋放火され火傷の猫も・・嫌がらせ続く

1: 名無しさんR 2017/07/08(土) 19:41:29.16 ID:iFToyFUB0
 福井県小浜市川崎2丁目で6月、住民ぐるみで育てる「地域猫」の猫小屋として置かれていた発泡スチロールが放火された事件。一帯では捨て猫が多く、不妊去勢手術を施す地域猫活動は重要だが、理解を得られていない面もあるようで、事件はこれがエスカレートしたものである可能性がある。漁業関連施設の多い地域だけに猫を迷惑がる人が出るのも無理はなく、捨て猫に歯止めがかからない中、根本的な解消は難しいのが現状だ。(福井新聞ONLINE)
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6246238

小屋を放火され火傷した地域猫
no title

続きを読む

猫の人気は変わらないのに犬を飼う人が減少 どうして犬を飼わなくなったんだ?

1: 名無しさんR 2017/06/18(日) 08:19:58.96 ID:u5t5wcCU0
止まらない猫ブームの勢い。犬の飼育頭数が減少する中、猫人気は相変わらずだ。2017年は猫が犬の飼育頭数を上回る可能性が出てきた。

長らく犬が君臨してきた「ペット王者」の座に、猫が肉薄している。

一般社団法人ペットフード協会の調査によると、2016年の猫の推計飼育頭数は984万7千頭。これに対し、3年前までは1千万頭を超えていた犬の飼育頭数は987万8千頭と年々減少しており、犬と猫の差が縮まってきている。

https://dot.asahi.com/aera/2017061400073.html

続きを読む

【広島】ネコの楽園でトラバサミ被害相次ぐ 仕掛けた男性「自宅敷地のネズミ駆除が目的、合法」

1: 名無しさんR 2017/05/19(金) 16:32:00.58 ID:Dh0oGJK00
 猫が多い港町として知られる景勝地・鞆(とも)の浦(広島県福山市)で、原則使用が禁止されている鉄製わな「トラバサミ」に脚を挟まれる猫の被害が相次いでいる。仕掛けた男性は「自宅敷地内での害獣駆除目的で、法律違反には当たらない」と主張。県警は、鳥獣保護法違反の疑いもあるとみて慎重に調べている。【真下信幸】

 ◇仕掛けた男性「敷地内」

 地元で猫の保護活動を進める女性によると4月上旬、猫が多く集まる寺の近くにある男性方の敷地内で、左前脚をトラバサミに挟まれた猫1匹が見つかり、左前脚を切断する大けが。福山市動物愛護センターなどによると、昨年5月にも同じ場所で脚を挟まれた猫1匹が見つかり、保護した後に死んだ。トラバサミでけがをした猫は少なくとも4匹いるという。

 トラバサミは、バネ仕掛けで踏んだ動物の脚を挟む猟具。無差別に動物を傷つけるとして2007年以降、鳥獣保護法で狩猟での使用が禁止。有害鳥獣の捕獲に限り、自治体の許可があれば使用が可能だが、福山市が許可した例はない。ただし、ネズミやモグラの捕獲目的で農業者が自ら管理する畑に設置する例などは法規制の対象外とされる。

 鞆の浦には年々、猫が増え、著名な動物写真家の岩合光昭さんの写真集の舞台にもなった。猫の保護に当たる住民らは、野良猫が増えすぎないよう不妊去勢手術やトイレの設置などの対応も取っている。

 活動の中心となる女性は「トラバサミは猫に苦痛を与える装置で、動物虐待だ」として男性に撤去を要請。男性は「自宅敷地のネズミ駆除が目的で、猫を狙ったわけではない」と主張する一方、「猫のふん尿や鳴き声に悩まされ、猫よけの超音波発生器も置いている。敷地に入ってきた猫がトラバサミに掛かっても私に責任はない」としている。

 福山市は「鳥獣保護法の趣旨に反するが、私有地なので強制撤去は難しい」としている。県警も男性からトラバサミを設置した経緯などについて事情を聴いているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000040-mai-soci

続きを読む

謎が多い「猫の集会」 お互いに接触することなく、一定の距離を保つ 彼らはいったい何をしているのか

1: 名無しさんR 2016/12/01(木) 13:41:56.20 ID:LTBxKLqM0
 公園や駐車場、路地裏などに集まってくる猫たち。この“猫の集会”に関して、動物行動学の教科書には、「縄張りの中立地に地元の外猫が集まり、約4mの距離を保ち、緩やかな円を描いて座る」と記述されています。

 集会は、夕方や夜に開かれることが多いようです。数時間続くこともありますが、基本的に猫同士の接触はなく、終わるとそれぞれの縄張りに帰って行きます。鳴いたり、威嚇行為などもありません。

 なぜ集まっているのか、動物行動学者でさえも、その謎を解明できていません。しかし、わざわざ集まるのですから、意味があるのでしょう。ですから、誰にも迷惑をかけていなければ、解散させない方がよいでしょう。

◆猫は群れを嫌う動物。集まるのには理由がある!?

 猫は、成長期を終え、母猫と離れた後は、発情期などの特殊な場合を除いて、他の猫と接触することはなく、本来単独で行動する動物です。

 しかし、ここ数十年で猫が暮らす環境も大きく変化しました。都心に暮らす野良猫は、自分でねずみを捕まえることもありますが、多くはご飯をくれる人間や残飯に頼って生きています。そのため、狭い地域に多くの猫が集まらざるを得ないようになりました。そんな環境下で、他の猫と遭遇するたびに縄張り争いのけんかをしていては身がもちません。

 その結果、これまでお互いに干渉する必要がなかった猫の世界にも“社会”が生まれ、集会を行う必要が出てきたのではないでしょうか。

◆近所に誰が住んでいるか顔合わせ的な役割も

 猫の社会では体の大きなおす猫が支配的な振る舞いをすることはあっても、犬や猿のような絶対的なリーダーは現れません。ですから猫の集会は、地域の猫同士の顔合わせのようなものと考える方が適当ではないでしょうか。

 稀に親子で集会に参加する猫たちの姿を見かけます。近隣地域で新しい家族が増えていないか、反対に長老猫が元気にしているのか、確認しているのかもしれませんね。

 いずれにせよ、猫の集会は謎に包まれています。ぜひ一度猫のフリをして紛れ込んでみたいものです。

http://www.news-postseven.com/archives/20161201_471492.html

続きを読む

【炎上】衰弱した猫の首をつかんで路上に投げ捨てた警備員の動画が流出→動物愛護法違反で警察が捜査へ

1: 名無しさんR 2016/09/22(木) 13:05:52.98 ID:CdXYpmlj0
先日、兵庫県神戸市にて警備員が猫を虐待したとのことで、その証拠映像とされる動画がYouTubeに公開された。
(略)
動画の説明文によると、神戸市元町で、警備会社の警備員が猫の首を絞めて放り投げる場面に遭遇したという。「血だらけの猫を路上に投げ捨てる非情かつ他人の迷惑を考えない非常識な警備員とそれを是とする会社の酷さを見て下さい」と非難している。
(略)
警備員の男性が猫の首をつかんだまま走ってきて道路を横切る場面から、動画は始まる。警備員は猫を路上に放り投げ、そのまま戻っていってしまった。投げ捨てられた猫は、しばらく地面に横たわっていたが、やがて起き上がって去っていった。
no title

no title

no title

後日、本件の事実確認を行ったという人物が動画のコメント欄に書き込んだ。
(略)
「行政手続きに則り子猫は保健所が引き取ったが、母猫は別の窓口で受け付けすると聞いて、面倒だから警備員が独断で管理権限外の路上に放り投げたとの事だ」と記している。「人を襲う」との理由で猫を排除したとの説明が、会社側からあったという。一方で、「この猫は子猫を産んだばかりの母猫で衰弱していた」そうだ。
(略)
no title

9月21日、当サイトでは警備会社の本社に連絡をとった。
(略)
本件の概要を確認した上で警備員への注意を行ったこと、警察に通報しなかったことは事実であるという。コメント欄の内容については、事実である部分とそうでない部分があると認識しているそうだ。それは具体的にどこなのかと尋ねたが、回答できないとのことだった。本件に関して警察からの問い合わせもあり、同社としての判断や見解等を現段階で公表する予定はないという。神戸市の東部衛生監視事務所によると、動物愛護法違反の虐待行為の疑いで、警察が本件を捜査中であるとのことだ。
(略)
捜査の進捗状況や警察側の判断に関しては、現時点までに情報が入ってきていないという。

記事全文 http://tanteiwatch.com/59181

続きを読む

新潟県「猫は不妊・去勢手術して屋内飼いしましょう」  ← 愛猫家「虐待だ!!!!」と噛みつく

1: 16文キック(長野県)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 20:24:41.47 ID:UZe+W+bO0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.net/premium/8114876.gif
「猫は不妊・去勢手術をして、屋内で飼うべき」――。こんな飼育基準を盛り込んだ新潟県の動物愛護条例の改正案が、ネットで賛否を呼んでいる。

猫の殺処分数を減らすための施策で、罰則は設けず飼い主の努力を促す内容だというが、一部の愛猫家からは「動物虐待だ」と過激な声があがっている。

「屋内飼育を行うなど周辺環境の保全に努めること」

新潟県がこのほど作成した改正案では、猫の飼い主は「屋内飼育を行うなど周辺環境の保全に努めること」と、「繁殖制限措置を講ずるよう努めること」が求められる。放し飼いによる予期せぬ繁殖を防ぎ、猫の殺処分を減らすことが目的だ。改正案は16年2月の県議会定例会に提出し、7月の施行を目指しているという。

こうした改正案に、一部の愛猫家が噛みついた。ネット上には、

「室内飼いなんて虐待みたいで嫌だ」
「は?屋内飼い、不妊・去勢しておいてどこが動物愛護なんだ?猫に対する虐待だろ」
「猫の自由に生きる権利を剥奪してはいけない」
など、過激な意見が次々と書き込まれている。


「猫は不妊・去勢手術して屋内飼い」 新潟県条例に「虐待だ」と愛猫家噛みつく
http://www.j-cast.com/2016/01/20256120.html
no title

続きを読む

「ネコにチョコレート食べさせた」に愛猫家仰天 TBSに「ネコが死ぬぞ」「放送を止めてくれ」

1: ストマッククロー(東日本)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 09:41:57.53 ID:0ZJQsDz00.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/u_giko_ebi.gif
かわいく賢いネコを大集合させ、視聴者に癒しと笑いを届けるテレビ番組だったはずなのに、愛猫家から「ネコが死ぬぞ」といった厳しい批判が上がることになってしまった。

食事のシーンでネコに与えていたのが、ソフトクリームや、チョコレートでコーティングされたアイスクリーム、しぼりたての牛乳だったからだ。

■二本の前足でコーンカップを器用にしっかりと抱える映像

問題の番組は2016年1月4日放送のTBS系番組「ハッピーあにまる2016」で、「激カワ&爆笑ネコ大集合」というコーナーでのことだ。かわいいネコの紹介にはとどまらず、様々な特徴や特技のある猫が登場した。「ユーチューブ」などで人気のネコの動画も紹介された。

そしてその中に愛猫家たちから「ダメでしょ、ダメだよ」「動画を流すな!」などと悲鳴があがるものが含まれていたのだ。

それはロシアンブルーのオスネコが、二本の前足でソフトクリームのコーンカップを器用にしっかりと抱え、美味しそうに舐めているというもの。そしてチョコでコーティングされたアイスも美味しそうに舐めていた。ツイッターや掲示板には、

「チョコ食ったらダメだろ!!!! 死ぬぞ」
「猫にアイスクリーム?それもチョコアイスはあかんでしょ 病気になるよTV局も動画流してないで飼い主に注意するべきでしょ」
「最初はバニラ食べててんけどチョコアイス食べてるのまで流しててん。しかもナッツも乗ってた」

などといった批判が大量に出た。また、別のネコが搾乳している牛舎に入って行き、乳をダイレクトに口で受け取り美味しそうに飲む、という様子も放送され「ネコに牛乳はダメだ」などと指摘する人もいた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160106-00000003-jct-soci

続きを読む

【画像】ネコにビッグマックを与え続けた結果・・・

1: 急所攻撃(四国地方)@\(^o^)/ 2015/12/13(日) 19:27:37.34 ID:WoHO6wxn0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/gomiopen.gif
no title

マイトリィ・ジンジェはダニー・ベネット(47)により飼われているビックサイズの猫です。飼い主の元彼女より贈られたサイベリアン・フォレスト・キャットと呼ばれる種類のこの猫。贈られた当時は普通の大きさだったそうです。

現在ジンジェの大きさは長さ40インチ(約1m)、幅18インチ(約46cm)、重さ22ポンド(約10kg)。体重は2歳児の子供とほぼ同じ重さです。

ダニーは、「なぜこんなに大きくなったのか原因が分からない。ただジンジェは食べることが好きで、時々マクドナルドのビックマックを与えていた」と話しています。

ダニーはジンジェが小型犬ほどの大きさになることを夢見て、散歩に連れ出しているとのことです。
http://www.antisocial.top/archives/50069431.html

続きを読む

新種のネコ「リコイ」が誕生 性格は犬のように従順

1: スパイダージャーマン(東日本)@\(^o^)/ 2015/11/18(水) 18:11:45.36 ID:lAXcl3VY0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/u_giko_ebi.gif
犬のように従順な新種の猫「リコイ」がカッコいい!! 狼男のようだと言われるハイブリッドなニャンコを要チェックだ!

最近ではハリネズミやリス、フェレットなどをペットとして飼う人もいて、ペットの種類にも多様性が出て来た。そんななか、新たなペットとして注目を集めている新種の猫が登場したので紹介したい。

ギリシャ語でオオカミを意味する「Lykoi:リコイ」という名の猫は、猫らしからぬ犬のように従順に振る舞い、見た目が狼男のようだと言われているのである!

・性格は犬に近い新種の猫「リコイ」が誕生!!

新種の猫「リコイ」を生み出したのは、ブリーダーとしても経験豊富な、米テネシー州に住む獣医ジョニー・ゴブルさんだ。

2010年に、アメリカンショートヘアの突然変異で誕生したリコイは、アゴや首回り、前脚辺りの毛がなく、全体的な毛並もバラバラだ。リコイのなかには、無毛の猫として知られるスフィンクスのように、全部毛がなくなってしまうものもいる。

・突然変異で生まれたが健康状態は問題ナシ!

犬のように人懐っこく従順な猫とは、犬と猫の両方を飼いたいという人にピッタリではないだろうか。しかも、見た目が狼のようだとなれば、リコイは、1匹で3種類の動物の良さを堪能できてしまうペットと言えるのではないだろうか。

http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20151118/Rocketnews24_664379.html
no title

続きを読む
ブログパーツ
livedoor プロフィール
RSS
follow us in feedly
QRコード
QRコード
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ
にほんブログ村
アクセスランキング
スポンサードリンク
ギャラリー
  • ネット以外に趣味を持ちなさいと言われたがお前らの趣味教えて
  • ネット以外に趣味を持ちなさいと言われたがお前らの趣味教えて
  • 【悲報】高級ブランド・ティファニー通販サイト「おねだりボタン」設置 / ねだられた男が払うサービス
  • 【悲報】高級ブランド・ティファニー通販サイト「おねだりボタン」設置 / ねだられた男が払うサービス
  • 【非正規差別?】会社のウォーターサーバー「正社員以外禁止」…派遣社員と差をつけることは違法?
  • 【緊急】ピルクルの飲み方、99%の日本人が間違えていた!!
  • 【緊急】ピルクルの飲み方、99%の日本人が間違えていた!!
  • “AI時代に消える人”の特徴
  • NVIDIAの人工知能が描いた絵がヤバイ…
最新コメント
スポンサードリンク
記事検索
最新記事(画像付)