2chニュース速報まとめR速

2ch(2ちゃんねる)のニュース・速報板から気になる記事をまとめご紹介しています。ジャンルは政治、経済、芸能、スポーツ、社会、仕事、ゲーム…など面白そうなものを選んでいます。

映画

実写映画ジョジョ 記録的大コケ 三部作決定してるのにどうしたらいいの…

1: 名無しさんR
デキは悪くないが…実写版“ジョジョ”記録的大コケの敗因

 鳴り物入りで今月4日に公開された、山崎賢人(22)主演映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」が苦戦中だ。

 同作は世界的にも人気の同名コミックを初めて実写化。若い女性にファンが多い山崎を主演に抜擢し、原作ファン以外の動員も見込んでいたのだが、「全国週末興行成績ランキング」では2週目にして早くも10位圏外に。どこの劇場も閑古鳥が鳴いている。

「スペインロケまで敢行しただけに大赤字。ネット上では原作ファンの罵声が飛び交っています」(映画業界関係者)

 そんな状況を打開するためか、18日には本編のオープニング映像13分をYouTube上に公開。すると、ネット上では「こんなに公開したら見た人に対しても失礼!」など更なるバッシングの嵐が巻き起こってしまったのだ。

「タイトルに『第一章』とある通り、すでに『第二章』の製作が決定済み。本編も明らかに続編につながっている。出資しているTBSはこのところ映画事業が好調だったがまさかの誤算。映画のデキ自体は決して悪くないのですが、原作ファン向けなのか若者向けなのかターゲットがはっきりしなかったのが敗因でしょう」(映画ライター)

 それでもスポットCMでは「大ヒット公開中」の文字が……。このぶんでは「第二章」の集客にも苦労しそうだが、もう引き返せない。

続きを読む

【もっこり】シティハンター再び実写化

1: 名無しさんR 2017/07/14(金) 15:02:19.91 ID:oXaYoCLJ0
『シティーハンター』がフランスで2019年実写映画化! 金髪冴羽獠に「ノン」の声もフランスの冴羽獠はニッキー・ラルソン。[城川まちね,ねとらぼ]

 「世界の果てまでヒャッハー!」の監督・主演などで知られる仏俳優のフィリップ・ラショーは7月13日(現地時間)、北条司さん原作の漫画『シティーハンター』が実写映画化されることを自身のInstagramで明かしました。

 ラショーは「僕の次回作を発表できてとても誇らしい気持ち」「子どものころの夢が叶った」と喜びのコメントを添え、同作脚本の表紙画像を投稿。アニメを見て育った世代もそうでない世代も失望させることのないよう全力を尽くすと意気込み、2018年の撮影開始を報告しています。

 フランスの映画情報サイト「AlloCine」は、ラショー自身が冴羽
獠役を務めることを極秘に明かしたと報じており、そのため黒髪と黒い目に変え、身体も鍛えて挑むつもりであるとのこと。作品の舞台は日本国外になるようです。

 ラショーと過去に共演した仏俳優のジュリアン・アルッティもSNS上で同作に出演することを発表したほか、仏俳優タレック・ブダリもラショーのツイートをリツイートし、出演する見込みであると報じられています。

(全文はWebで)
no title

no title

no title

no title

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/14/news088.html

続きを読む

【映画】キューブリック監督の衝撃的遺言をニコール・キッドマンが暴露! 「ロリコン秘密結社が世界を動かしている」

1: 名無しさんR 2017/06/28(水) 19:39:08.43 ID:CAP_USER9
赤裸々な性描写が話題を呼んだ、99年公開のR-18指定映画『アイズ・ワイド・シャット』。鬼才スタンリー・キューブリック監督の遺作であるが、この作品には今まで語られてこなかった監督の秘密が隠されていたという。

■『アイズ・ワイド・シャット』に隠されたキューブリックの警告

『アイズ・ワイド・シャット』秘密結社入会の儀式。この後、乱交パーティが開かれる「YouTube」より引用
no title


今回、同映画にトム・クルーズとともに出演した女優ニコール・キッドマンが、監督が残した衝撃の発言を暴露したことで、ついにその秘密が明らかになった。なんと、最も有名なシーンである「仮面乱交パーティー」は、監督の命を賭けた告発だったというのだ!人気海外TVシリーズ『ビッグ・リトル・ライズ?セレブママたちの憂うつ?』のプロモーションインタビューに応じたキッドマンは、生前キューブリック監督が「秘密結社」の研究に没頭し、彼らの恐ろしい実態を語っていたと告白。

「スタンリーは、ペドフィリアが世界を動かしていると言っていたわ」(キッドマン)「彼は生涯を通して秘密結社を研究していたわ。すっかり夢中だった。そして、こう言ったの。エリート、つまりトップの秘密結社は特殊な性癖を持った男たちでいっぱいで、彼らはペドフィリアという共通点で集まり、結束していると」(同)

インタビューに答えるニコール・キッドマン「YouTube」より引用
no title


「彼らはお互いの黒い秘密を知っているから、そこから抜け出すことは簡単じゃない。死ぬまで団結するらしいわ。抜け出したいと思っても、他のメンバーに阻止される。世界をめちゃくちゃにしながら、死ぬまで組織に残るのよ。これがスタンリーが私に話してくれたこと。だけど、とても複雑だから、ちゃんと説明できていないかもしれない」(同)

ここで言及されている秘密結社が具体的にどの組織を指しているかは明らかではないが、以前トカナでも報じたように、米ニューヨークには「エリート小児性愛者グループ」が存在していると露プーチン大統領が暴露した上、最近ではローマ法王が小児性愛者のカトリック神父を黙認するような発言をし、世界中に衝撃が走ったばかりだ。世界中のエリートらが何らかの小児性愛グループに属していてもおかしくはないだろう。

■キューブリックの死とも関係か?

もうお気づきだと思うが、『アイズ・ワイド・シャット』の問題のシーンでキューブリック監督が訴えたかったことこそ、悪魔を崇拝するペドフィリア秘密結社を告発することだったというわけだ。その証拠に、キューブリック監督の次回作はペドフィリアについて描かれる予定だったという。

キューブリック監督は『アイズ・ワイド・シャット』の公開を待たずして、1999年に急死するが、この死にも同映画の内容が関係していると指摘されている。監督の死の真相を聞かれたキッドマンは、眉毛を釣り上げながら、「言うこともできるが、どのメディアも発言の内容を公表することは許されないだろう」と、警告。

ペド結社の一員と思われる権力者がそれを許さないというのだ。ということは、このようなギリギリの発言をしているキッドマンもただでは済まないだろう。彼女はなぜ今このタイミングで公表に踏み切ったのだろうか? これは1つの謎である。

とはいえ、このニュースを報じている「Yournewswire.com」は、オルタナティブニュースサイトとして知られており、キッドマンの発言の真偽には疑問が残る。大手メディアもこの件について一切報じていないが、これはキッドマンが真実を語り過ぎたため、検閲されたと見るべきだろうか? 
最終的な判断は読者に委ねたい。

http://tocana.jp/2017/06/post_13661_entry.html
http://tocana.jp/2017/06/post_13661_entry_2.html

続きを読む

【芸能】芸能人に寄生するメーク&スタイリストの銭ゲバ商魂

1: 名無しさんR 2017/06/23(金) 19:04:50.03 ID:CAP_USER9
 制作費を削減しまくられているテレビや映画界にとって目の上のタンコブともいうべき存在が、メーク&スタイリストの面々だ。
あまりの銭ゲバぶりが業界関係者の間で大ひんしゅくを買っているという。
 「売れっ子芸能人に、金魚のフンのようについてくるのがスタイリストとメークなんです。ペアでやって来ては、高いギャラをもらっている。制作費赤字の3割は、この2人に対するギャラですよ」(制作会社幹部)

 ちなみに、気になるギャラの内訳だが…。
 「NHK大河ドラマの主演クラスともなればスタイリストで1本50万円~。メークが40万円~。しかも、タクシー代や弁当代も別途支払うんです。おまけに、タレント並に控室をあてがわなければならない。本来はタレントの部屋に行ってメークとスタイリングを済ませればいいんですが…」(制作会社AD)

 こうした銭ゲバ連に、もっとも頭を抱えているのが、バラエティー番組の制作現場だという。
 「確かに、ドラマや映画はこうしたスタイリストやメークがいないと成立しないが、バラエティーの場合は、局専属のメークで大半がまかなえるんです。
衣装だって、そんなに個性的な服は必要ない。だから、ドラマの10分の1の金額提示になってしまうんです」(放送作家)

 ところが、たちの悪いスタリストに当たると、タレント事務所からクレームがテレビ局に入るという。
 「特にアイドルを数多く抱えるJ系はひどい。平均で10~20万円吹っ掛けられます。ぶっちゃけ、局の衣装さんが用意した服を着ればいいんですよ!」(キー局プロデューサー)

 セレブと呼ばれる超売れっ子スタイリストともなれば、軽く年収は5000万円を超えるという。
 「制作現場にはポルシェやベンツなどの高級車がずらりと並ぶ。タレントかと思ったらスタイリスト、メークなんてパターンがしょっちゅう」(テレビ関係者)

 制作費に見合う適正価格に見直すべきだ。

http://npn.co.jp/article/detail/99417358/

続きを読む

“映画史上最高の作品”ファン投票1位は… 1位「ゴッドファーザー」

1: 名無しさんR 2017/06/10(土) 10:45:35.55 ID:4RERGU9Z0
「ゴッドファーザー」が、映画史上最高の作品に選ばれた。

アル・パチーノとマーロン・ブランド主演によるドン・ヴィト・コルレオーネ一家の犯罪組織を追った1972年公開の同作品が、エンパイア誌が主催する5000人の映画ファンによる投票で1位に輝いた。

第2位には2014年の同投票で1位を獲得したこともある「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」が続き、「ダークナイト」が3位、「ショーシャンクの空に」が4位、「パルプ・フィクション」が5位となっている。

また10位圏内には「グッドフェローズ」「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」「ジョーズ」「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」「ロード・オブ・ザ・リング」などが名前を連ねた。

http://www.excite.co.jp/News/cinema/20170610/Narinari_20170610_44212.html
no title

続きを読む

おまえらの好きな映画

1: 名無しさんR 2017/05/27(土) 13:04:11.53 ID:/RHkJEI70
http://eiga.com/news/
映画ニュース - 映画.com
蒼井優、10代で山田洋次監督作オーディションに落ちていた!
2017年5月27日 12:39
蒼井優、10代で山田洋次監督作オーディションに落ちていた! 客席からは第3弾を求める声も山田洋次監督作「家族はつらいよ」の続編「家族はつらいよ2」が5月27日、全国325スクリーンで封切られた。

https://www.youtube.com/watch?v=dP-Oh46F0z8


俺はStreets Of Fire

ゲオで借りてくるからお勧め映画教えろや

続きを読む

【ズコー】キムタク主演映画“爆死” チーフマネジャーだったI女史を裏切った「ツケ」が回ったか?

1: 名無しさんR NGNG?PLT(13500)
元SMAPの木村拓哉(44)が主演する映画「無限の住人」(三池崇史監督)がズッコケた! 興行通信社が2日に発表した4月29~30日の興行収入ランキングで、同映画は約1億8900万円の6位と大コケ。非常に厳しい結果となった。木村は今回の映画のため、テレビ番組に出まくるなど異例のPR大作戦を展開したが、それが裏目に出た格好。関係者の間では「SMAP時代のチーフマネジャーだったI女史を裏切ったツケが回ってきた」とささやかれている。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-00000002-tospoweb-ent

続きを読む

実写映画「銀魂」のクオリティがハリウッドを越えてるんだが・・・

1: 名無しさんR 2017/03/22(水) 19:14:23.87 ID:5UvVtCNg0
実写『銀魂』“カブト狩り”シーンお披露目!万事屋に真選組、桂やエリザベスが…!


 空知英秋の人気漫画を実写化する映画『銀魂』(7月14日公開)の撮影現場が昨夏、取材陣に公開され、原作コミックでも人気を誇るエピソード“カブト狩り”シーンの一部がお披露目された。

 撮影が行われたのは昨年8月。江戸時代と近未来をミックスさせたような「銀魂」の世界が再現された現場には、キャストがふんした主人公の坂田銀時(小栗旬)、志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)の万事屋トリオと、江戸を守る特殊警察・真選組の土方十四郎(柳楽優弥)、沖田総悟(吉沢亮)、そして攘夷志士・桂小太郎(岡田将生)とそのペットのエリザベスらが勢ぞろい。

 映画には、カブト虫取りへ出かけた万事屋が森の中で真選組一同と遭遇しドタバタ劇を繰り広げる“カブト狩り”のエピソードが登場する。この日は、カブト虫を追う万事屋と真選組が江戸の町を走り回る、壮大な追いかけっこのようなシーンの撮影が行われた。

 江戸風の家屋が連なる街並みには看板や飾りなど細部までこだわりが見え、至る所には様々な天人たちの姿が。そんな中、万事屋の3人は麦わら帽子に虫取り網とカゴを装備した完璧な“カブト狩り”スタイルで、真選組と共に全力疾走! 

 江戸の町を駆け抜ける道中では、桂とエリザベスに遭遇したり、沖田がバズーカをぶっ放したりの大騒ぎ……といった撮影が炎天下の中で進められた。

no title

no title

続きを読む

映画監督「アニメがヒットする横で実写は大コケ。このままでは日本の映画はすべてアニメになってしまう

1: 名無しさんR 2017/03/16(木) 13:27:24.24 ID:Mb9pcspF0

ここ最近、映画を見る層が変わってきたんですよ。去年の『君の名は。』や『この世界の片隅に』が大ヒットする脇で実写が大コケしているのを見てもそうなんですけど、映画って"上から降ってくる"ものじゃなくなったんですよね。昔は、あのスターが出る、こういう作品がきますから、というので上から恭しく降りてくるものだったものが、今は「となりの人が作ってるのおもしろそうだから見てやろう」みたいな"下から湧いてくる"ものになってきた印象ですね。

――でも下からヒットさせるというのはかえって難しいのではないでしょうか。

いま映画を見ている人たちって、Twitterがアニメアイコンの人たちなんですよね。今回の『君の名は。』も『この世界の片隅に』にしても、SNSをやっている人たちが拡散していったわけじゃないですか。だからいかにそういうネットのリテラシーの高い人たちに拡散してもらうようにするかが大事になってくる。今はネットの盛り上がりを受けて、ようやくそこでメディアが取り上げて、「ネットでこういうのが話題ですよ」と取り上げる。だめですよ、メディアがそんな後追いをしていたら。

――そこは本当に耳が痛いお話です。

自分自身も映画やテレビをやっている人間なので、本当は我々がブームを作る側だったはずなのに、いつの間にかブームを追う側になったのは本当に嘆かわしくって、そこは変えていかなきゃいけないなと思うし、プロである以上どうやったらその離れてしまった人たちを取り戻せるのかというのも考えなくちゃいけないなと感じています。

それともう一つは、ネットのリテラシーが高くない人たちが接触しやすい映画メディアを緊急に作らないと、日本の映画は全部アニメになりますよ。今アニメがどんどんランキングに入っているのは、アニメがいいからではないんですよ。実写をやっているということを知る機会がなくなっちゃったからみんな見に行かなくなったというだけなんです。だから実写のいい作品をちゃんと作って、その情報をきちんと届ける術をもったら、もう一回実写は復活すると思うんですよ。

http://news.mynavi.jp/articles/2017/03/14/frogman/

続きを読む

【悲報】 映画「君の名は」 日本アカデミー賞受賞ならず 批判殺到wwwwwwwwwwwwwww

1: 名無しさんR 2017/03/03(金) 23:02:56.93 ID:ikNOCP1f0
【第40回日本アカデミー賞】作品賞は「シン・ゴジラ」!
http://eiga.com/news/20170303/34/

続きを読む
ブログパーツ
livedoor プロフィール
RSS
follow us in feedly
QRコード
QRコード
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ
にほんブログ村
アクセスランキング
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 【緊急】ピルクルの飲み方、99%の日本人が間違えていた!!
  • 【緊急】ピルクルの飲み方、99%の日本人が間違えていた!!
  • “AI時代に消える人”の特徴
  • NVIDIAの人工知能が描いた絵がヤバイ…
  • NVIDIAの人工知能が描いた絵がヤバイ…
  • NVIDIAの人工知能が描いた絵がヤバイ…
  • NVIDIAの人工知能が描いた絵がヤバイ…
  • NVIDIAの人工知能が描いた絵がヤバイ…
  • 害獣アライグマの赤ちゃんを4匹を拾う→半年飼育→バレたので駆除されないよう山に逃がす
最新コメント
スポンサードリンク
記事検索
最新記事(画像付)