2chニュース速報まとめR速

2ch(2ちゃんねる)のニュース・速報板から気になる記事をまとめご紹介しています。ジャンルは政治、経済、芸能、スポーツ、社会、仕事、ゲーム…など面白そうなものを選んでいます。

家電

買ったけど正直ムダだったという家電は?1位ミキサー 2位コーヒーメーカー 3位布団乾燥機

1: 名無しさんR 2017/03/17(金) 15:08:19.64 ID:GW4q+REF0
Q.買ったけど正直ムダだったと思う家電は?(複数回答)
(有効回答数693人)

1位:ミキサー、ジューサー、フードプロセッサー(27.13%)
2位:コーヒーメーカー(20.35%)
3位:布団乾燥機(16.45%)
4位:ミシン(16.16%)
5位:電気ポット(13.85%)
6位:体重計、体脂肪計(13.28%)
7位:ホームベーカリー(12.55%)
7位:美容系家電(美顔器など)(12.55%)
9位:空気清浄機、加湿器、除湿器(11.83%)
10位:アイロン(10.97%)

「ああ、なるほどなぁ、わかるなぁ」というものが上位にズラリ。

1位のミキサー、ジューサー、フードプロセッサーは確かに便利で使っていると楽しいのですが、実は後片付けが大変……。つい一晩そのままにしておいたら、果物のカスや皮が乾燥し、こびりついて洗うのに苦労した、という経験はあなたにもあるのでは?そのツライ経験が脳裏に焼き付いて、つい使うのをためらいそのままお蔵入り……。というパターンが目に浮かびます。

2位のコーヒーメーカーも、使った後のコーヒーカスの処理が大変で、ついつい使わなくなりがち。気がついたら面倒なので結局インスタントばかり飲んでいた、ということに。そもそも1日に5~10杯もコーヒーを飲む、という習慣が無いのに機械を買ったところで飲むようにはなりません。

3位は布団乾燥機。昼間は家にいられないという人には便利に思えますが……。押し入れから出し、コードを繋ぎ、乾燥用の袋を布団の間に入れてスイッチオンという一連の作業を忙しい朝にしなければならない、という面倒くささで気がつくと押し入れの中に入りっぱなし、という事態に。

https://joshi-spa.jp/84530

続きを読む

買って後悔した ムダだと思った 家電ランキング

1: [Φ|(|´|Д|`|)|🌀] BBxed!! フルネルソンスープレックス(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/04/11(土) 19:36:13.76 ID:8HwujR8I0●.net BE:659060378-2BP(2000)
sssp://img.2ch.sc/ico/jisakujien_5.gif
家電量販店にいくと「わぁ、これ便利かも」という製品がズラリ。それを使えば生活が豊かに&楽になりそうと思って買ったは良いものの、意外に手間がかかりそのままお蔵入り……。そんな経験のある方は多いんじゃないでしょうか?

Q.買ったけど正直ムダだったと思う家電は?(複数回答)
(有効回答数693人)

1位:ミキサー、ジューサー、フードプロセッサー(27.13%)
2位:コーヒーメーカー(20.35%)
3位:布団乾燥機(16.45%)
4位:ミシン(16.16%)
5位:電気ポット(13.85%)
6位:体重計、体脂肪計(13.28%)
7位:ホームベーカリー(12.55%)
7位:美容系家電(美顔器など)(12.55%)
9位:空気清浄機、加湿器、除湿器(11.83%)
10位:アイロン(10.97%)

http://joshi-spa.jp/84530

続きを読む

【家電】ふとん乾燥機の革命。--『スマートドライ』(象印マホービン)、春を迎えた今も品薄状態続く [03/09]

1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/03/09(日) 12:47:10.96 ID:???
“革命的な”ふとん乾燥機が売れている。2013年10月に店頭発売されるや、あっという間に人気商品となった象印マホービンの『スマートドライ』だ。

「当社は1998年を最後に、ふとん乾燥機市場から撤退していました。低価格競争に巻き込まれてしまったのが主な原因です」

『スマートドライ』の商品企画を担当する第二事業部の安藤裕樹(ゆうき)は振り返る。だが、ふとん乾燥機自体はコンスタントに年間40万台も売れており、さらに花粉やPM2.5の影響で今後さらなる成長が見込める市場でもある。

撤退後12年がたった2010年、商品企画チームは、ふとん乾燥機市場への再参入を社内に提案した。

だが社の上層部は、一度撤退した苦い経験から、決断は慎重だった。なかなか商品開発のOKが出ない。膠着状態を打破したのは、事業部長の一言だった。

「差別化を図り、他社を凌駕する製品にすること。これがゴーサインの条件だ」

そこで商品企画チームは、ふとん乾燥機のウィークポイントを探しだすことから
始めた。

「従来のふとん乾燥機の欠点は、使用後の収納がとても面倒なことでした。とくに温風をふとんの中に送り込むマットを畳むのが大変。そのため、購入しても次第に使わなくなり、物置に仕舞われてしまうことも多かったのです」

そこで彼らが考えたのは、マットに心棒を入れることで畳みやすくし、収納時間を他社製品に比べ3割短縮することだった。

自信満々で試作品を持ってきた商品企画チームの面々に、開発のゴーサインを出した事業部長は険しい顔でいい放った。

「時間を費やして考え出したアイデアがこれか? こんなもので他社を凌駕できると思ってるのか?」

狼狽する彼らに事業部長はたたみかける。

「収納に着目したのはいい。だが簡単収納を謳うなら、“ワン・ツー・スリー”の3ステップでできなければだめだ。そうだな、時間にして10秒以内だ」

たった10秒で収納可能なふとん乾燥機なんて、本当にできるのだろうか──。

苦心の末に考え出したのは、マットを無くし、本体から伸びるホースを直接ふとんの中に入れて乾燥させる方法だった。これなら10秒で収納できる。だが、改良試作品を目にした事業部長は再び首を横に振り、こういった。

「ホースがついたままじゃないか。ホースを無くせば、収納時間はもっと短くなるはずだろう」

このとき彼らは、初めて思い知らされた。従来のふとん乾燥機に対する概念を一切捨て去り、ゼロからスタートしなければだめなのだ、と。(※続く)

●象印マホービンの『スマートドライ』
no title


http://news.mynavi.jp/news/2014/03/09/032/

続きを読む
ブログパーツ
プロフィール

ふの

RSS
follow us in feedly
QRコード
QRコード
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ
にほんブログ村
アクセスランキング
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 【悲報】国民に「ステルス値上げ」がバレ始める
  • さんまは「時代遅れ」 厳しい風当たり 時代はサンドウィッチマン
  • 「ダイソー」を展開する会社が、初めて300円ショップへ
  • 「ダイソー」を展開する会社が、初めて300円ショップへ
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
最新コメント
スポンサードリンク
記事検索
最新記事(画像付)