1: 名無しさんR 2017/04/29(土) 14:06:01.56 ID:iVO4/8CR0
1970~90年代の漫画雑誌で、裏表紙の広告漫画としておなじみだった「日(にっ)ペンの美子(みこ)ちゃん」。今年1月、6代目主人公の登場に伴い、活躍の舞台をツイッターに移して18年ぶりに連載を再開した。

「完全復活」の効果か、デジタル全盛にもかかわらず、漫画でPRするペン習字通信講座の受講者数が前年に比べて3割も増えるなど、過去最高の伸びを見せているという。半ば忘れられていた昭和のキャラクターの復活は、いかに実現できたのか。そして、時を経ても変わらない彼女の魅力とは--。

講座を手がける「学文社」(東京都新宿区)によると、美子ちゃんは1972年、雑誌「明星」(現Myojo)別冊付録の広告漫画に初登場。以来、99年まで4代27年にわたり、少女漫画雑誌などの裏表紙の9コマ漫画でペン習字をPRしてきた。

学文社は昨年3月、反転攻勢に向けた検討チームを設置した。一般公募に傾きかけた同年5月、ある社員がネットで偶然発見したのが、漫画家・服部昇大(しょうた)さんの漫画「日(にっ)ポン語ラップの美ー子(びーこ)ちゃん」。美子ちゃん似、9コマ漫画、「安定のオチ」。明らかにパロディー作品だった。

服部さんは、「最初に美子ちゃんの本家・学文社からメールで連絡を受けた時、『(訴えられるなど)終わった』と思いました。引き受けるにあたって、70~80年代の少女漫画を集め直して模写もかなりしました。歴代の先生方や少女漫画のファンでもあり、これほど光栄な仕事はないと思います」と話す。

少女漫画に詳しい編集者兼ライターで、「大人の少女マンガ手帖」シリーズ(宝島社)などを手がける粟生こずえさんは「(パロディーを描く)服部さんの起用は英断。『こんなブラック・ジャックはイヤだ』の作者つのがいさんが、最近手塚プロ公式の作家に迎えられ話題になりましたが、つのがいさんと服部さんの共通項は、原典を尊重しつつコピーではない新しい創作を見せてくれる点。こうした作家は今後も歓迎されるのではないでしょうか」と話す。

https://mainichi.jp/articles/20170429/k00/00m/020/243000c
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/04/29/20170429hpj00m020006000q/9.jpgno title

https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/04/29/20170429hpj00m020012000q/9.jpgno title

続きを読む