1: 名無しさん 2014/04/24(木)16:00:27 ID:CC1m7eOQ1
【AFP=時事】公には、すしに興味津々の様子を見せた来日中のバラク・オバマ(Barack Obama)米大統領だが、実際には約20貫のコースの半分ほどにしか手を付けなかったことが24日、明らかになった。
no title

 オバマ大統領は23日夜、東京・銀座の三つ星すし店「すきやばし次郎(Sukiyabashi Jiro)」に安倍晋三(Shinzo Abe)首相と共にノーネクタイで訪れ、カウンター席に座った。
両首脳の関係を深める機会とされていた会食だったが、24日の報道によると、大統領は世間話をしたり、すしに舌鼓を打ったりする間もなく、すぐに日米交渉の話を始めたという。

 また、「すきやばし次郎」と同じ雑居ビルの地下にある焼き鳥店の店主が「次郎」の店員から聞いた話として語ったところによると、オバマ大統領はすしを半分ほど食べたところで箸を置いた。
一方の安倍首相は、1つ1つ出された約20貫のすしを完食したという。
2人の会話はかなりフォーマルなものだったという。

 食事を終えて店から出てきた両首脳は、夕食会は成功だったとコメント。
オバマ大統領は報道陣や集まった人たちに対し、「おいしいすしだった」と述べていた。

 菅義偉(Yoshihide Suga)官房長官は24日の記者会見で、「大統領はかなりの量を食べた」と述べた一方、実際に何貫食べたのかという質問には回答を避けた。
ただ、「大統領の表情から、非常に満足してもらえたと思っている」と話した。

http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=4180275

引用元: オバマ大統領、すし半分残す 次郎「グヌヌヌヌ・・・」

続きを読む