2chニュース速報まとめR速

2ch(2ちゃんねる)のニュース・速報板から気になる記事をまとめご紹介しています。ジャンルは政治、経済、芸能、スポーツ、社会、仕事、ゲーム…など面白そうなものを選んでいます。

ヤマト運輸

ヤマト運輸、アマゾンの当日お急ぎ便から撤退へ

1: 名無しさんR 2017/04/07(金) 04:26:01.32 ID:72ZOPodU0

 宅配最大手のヤマト運輸は最大の取引先であるインターネット通販大手アマゾン・ドット・コムの当日配送サービスの受託から撤退する方針を固めた。夜に配達しなければならない荷物が増え、人手不足の中、従業員の負担が増しているため取引を見直す。アマゾンは日本郵便などへの委託を増やす考えだが、ヤマトの撤退でサービス縮小を余儀なくされる可能性がある。

 日本のネット通販は宅配会社のきめ細かな配送網を利用して、海外で…
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15027450X00C17A4MM8000/

続きを読む

宅配ロッカーに補助金キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

1: 名無しさんR 2017/03/09(木) 19:01:33.98 ID:dA8pthxd0

 配送員の負担軽減と宅配サービスの効率化に向け、政府は駅や商業施設など外出先で荷物を受け取れる「宅配ロッカー」の普及を促す。平成29年度から、ロッカーを設置した事業者に対し、他の業者も使用できることを条件に費用の50%を補助する制度を始める。ヤマト運輸は同制度を活用して、34年までに宅配ロッカーを5千カ所設置する計画を前倒しする。

 宅配ロッカーは、単身者や共働き世帯を中心に、仕事帰りに荷物を受け取れるとして一定の評価を受けている。宅配業者にとっても再配達の面倒が減るメリットがある。政府は29年度予算案に設置促進費として5億2千万円を計上した。設置費用は1カ所当たり150万~200万円かかり、政府は29年度で500カ所への補助を見込んでいる。

 ヤマトは昨年4月に仏郵便機器大手ネオポスト社との合弁会社を設立し、同社を通じてロッカー設置を進めている。これまで主に首都圏の再配達率が高い地域204カ所へ設置した。ヤマトは宅配ロッカーの設置を急ぐことで、配送員の負担軽減に向けた時間指定配達の見直しや、約20%にも上る再配達率の低下につなげたい考えだ。

 宅配ロッカーをめぐっては、ヤマトが設置している東京メトロの駅など21カ所を、佐川急便が共同利用している。日本郵便は首都圏の郵便局など65カ所に置いており、今後3年で全国1千カ所へ広げる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000083-san-bus_all

続きを読む

ヤマト運輸、正午から午後2時までの時間指定廃止して昼の休憩時間確保へ

1: 名無しさんR 2017/02/28(火) 20:31:04.32 ID:qb+d4wh70

ヤマト運輸 人手不足で宅配サービスを抜本見直しへ


ネット通販の拡大などによって宅配便の量が急増し、人手不足が深刻化しているとして宅配最大手のヤマト運輸は、正午から午後2時は時間帯指定の配達をやめるなど、宅配サービスを抜本的に見直す方針を固め、来年度中の実施を目指すことになりました。

ヤマト運輸は、ネット通販の拡大などで宅配便が急増したことに伴い、ドライバーなどの不足が深刻になっており、労働組合はことしの春闘で、今の人員の体制では対応が難しいとして、宅配便の引き受けを抑えることなどを会社側に要求しています。

このためヤマト運輸は、今の宅配サービスを抜本的に見直す方針を固めました。具体的には、朝から夜まで6つの時間帯で荷物を受け付けている時間帯指定のサービスについて、利用が比較的少ない正午から午後2時までの時間を指定する配達をやめ、ドライバーなどが昼の休憩時間を取得しやすくします。
また、集配業務の終了時間をこれまでよりも早くするために、現在は午後9時までの夜間の配達時間帯の変更を検討する方針で、来年度中の実施を目指すことになりました。

このほか労働組合が求めている、宅配便の引き受けの抑制については、大口の取引先と引き受け量や料金の値上げなどについて交渉を始めることにしています。


続きを読む

【運輸】拡大するネット通販を取り込んだヤマト運輸「その日に配送」 [13/04/27]

1: @@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/04/28(日) 18:16:01.18 ID:???
「『注文したその日のうちに届ける』なんて、オーバースペックだよ。利用者は現状に満足しているから必要ない」

 ヤマト運輸法人営業部係長であり、「BtoC EC Account Executive」という外資系企業のような肩書を有する滝澤志匡氏が、営業先の通信販売事業者から同じ言葉で断わられ続けたのは2009年秋。ほんの3年半前のことだった(BtoC ECとは消費者向けネット通販の意)。

 ところが今、「当日お届け」はネット通販でもテレビ通販でも当たり前のサービスになってきた。「オーバースペック」と思われていたことが一般化し、生活者のライフスタイルまで変わりつつある。

 それを具現化させたのは、ヤマトが開発し提供する「TSS(Today Shopping Service)」だ。消費者がネットから注文を入れると、エリアによっては最短4時間で商品を届けられる。

 理由のひとつは「商品は最初からヤマトの倉庫にある」からである。ヤマトの物流ターミナル内にある最新自動倉庫に、通販事業者が扱う商品在庫をあらかじめストックしておく。注文が入ればすぐに梱包して発送し、宅急便のネットワークに乗せて「当日お届け」する。業界唯一のスタイルだ。

 滝澤氏が説明する。

「ネット通販業界では、20時~26時(午前2時)をゴールデンタイムと呼びます。帰宅した会社員などが、一息入れてPCを開き買い物を楽しむ時間帯です。TSSを使えば24時に注文して翌日午前に届けられるエリアもある。例えば、詰め替え用化粧品など“すぐに欲しい”という欲求に応じられるのです」

 自動倉庫はグループのヤマトロジスティクスが運営し24時間稼働。ストックされる商品は売れ筋がメインだ。通販事業者は倉庫を持つ必要がなくなり、特に中小の事業者にはメリットが多い。

「小さなロットでも扱えて、スピードが速い。商品保管業務から解放され、マーケティングやコンテンツ製作に集中できる。消費者と事業者、双方のニーズを追求したソリューションです」と滝澤氏。TSSは現在、「エリアごとに展開しているが、将来は東京の事業者様の商品を中部や関西へ当日配送できるサービスを始めたい」(武藤忠雄・法人営業部課長)という。

 アマゾンなど自前で倉庫を持つ大手に対しては、ヤマトの倉庫は使わず従来からの集荷・配送ネットワークをより効率的に活用することでTSSを提供している。スピードを武器に、大手ネット通販ではライバルの佐川急便からヤマトへのくら替えが起きているという。通販の世界で「当日」「即日」といった謳い文句が増えた背景にはTSSの存在があるのだ。

取材・文/永井隆と本誌編集部

※SAPIO2013年5月

ソース
http://www.news-postseven.com/archives/20130427_182736.html

関連スレ
【運輸】ヤマト運輸、休止していた福島県一部エリアの集配を再開 [13/04/08]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1365802806/

引用元: 【運輸】拡大するネット通販を取り込んだヤマト運輸「その日に配送」 [13/04/27]

経営はロマンだ! 私の履歴書・小倉昌男 (日経ビジネス人文庫) [文庫] / 小倉 昌男 (著); 日本経済新聞社 (刊)続きを読む
ブログパーツ
プロフィール

ふの

RSS
follow us in feedly
QRコード
QRコード
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ
にほんブログ村
アクセスランキング
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 【悲報】国民に「ステルス値上げ」がバレ始める
  • さんまは「時代遅れ」 厳しい風当たり 時代はサンドウィッチマン
  • 「ダイソー」を展開する会社が、初めて300円ショップへ
  • 「ダイソー」を展開する会社が、初めて300円ショップへ
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
最新コメント
スポンサードリンク
記事検索
最新記事(画像付)