2chニュース速報まとめR速

2ch(2ちゃんねる)のニュース・速報板から気になる記事をまとめご紹介しています。ジャンルは政治、経済、芸能、スポーツ、社会、仕事、ゲーム…など面白そうなものを選んでいます。

ミツバチ

【衝撃事実】ミツバチを殺さないで! あまり刺さないのに理不尽に殺されるミツバチの悲惨な末路

1: 栓抜き攻撃(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/02/25(木) 21:29:33.93 ID:R9EkcItw0●.net BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_jyorujyu03.gif
「数千匹のミツバチが木や軒下に固まっていても、殺虫材をかけないでください」と悲しみの声をあげているのは、養蜂家ブロガーのひとり。ニホンミツバチという種の蜂はほとんど人を刺すことがないにもかかわらず、殺虫剤で駆除されてしまうことが多いそうだ。

・瞬時に区別がつきにくい
しかしながら知識がない私たちからすると、スズメバチやクマバチ、ニホンミツバチなど、瞬時に区別がつきにくい。よくわからないので、ミツバチが飛んでいるだけで怖くなってしまうこともある。大きな蜂の巣を見かけたら「駆除しなくては!!」と思ってしまう人は多いはず。以下は、この養蜂家ブロガーのコメントである。

・養蜂家ブロガーのコメント(引用 / 要約)
「ニホンミツバチは、野生のミツバチで、北海道や沖縄、離島を除いたほぼ日本全土に生息しています。ほとんど刺すことがないにも関わらず、「蜂」というだけで怖いもの、恐ろしいものとされてしまい、人目のつく場所に現れてしまった時に、簡単に殺虫剤で駆除されてしまいます」

「駆除の中でも、特に不条理なのが、春の分蜂群(ぶんぽうむれ)です。ニホンミツバチは春に巣分かれをします。1群れが2群れになり、増えた群れが集団で引越をします。

木が膨らんでみえるところはすべてニホンミツバチの固まりです。新しい家が見つかるまでしばらくこうやって待機しています。この分蜂群は、滅多に刺すことはありません。

ミツバチの固まりの中に手を入れても平気です。しかも、数時間から長くても3日立てば、飛び去っていきます。このような分蜂群ですら、殺虫剤で殺されています」

http://buzz-plus.com/article/2016/02/25/mitsubachi/
no title


ニホンミツバチ
no title

スズメバチ
no title

オオスズメバチ
no title

クマバチ
no title

アシナガバチ
no title

壇みつばち
no title

続きを読む

【環境】ミツバチ「消失」で農作物が危ない

1: 焙煎特派員φ ★ 2013/09/10(火) 21:54:15.76 ID:???0
ゲリラ豪雨に竜巻。記録的な猛暑など、地球環境の変化を肌で実感するほどになっています。虫にも変化が出ています。
2007年から2008年にかけて米国では授粉用に飼育されているミツバチの3割以上が「姿を消した」。

愛知県では昨年、働きバチが巣から消え、2~3カ月後には全滅する「蜂群崩壊症候群」が確認されました。
こうした現象は昨年、国内の9830のミツバチの群れで起きており、被害額は2億8千万円を超すとのことです。

1990年代に入ってから世界各地で頻発し、2007年までに、じつに北半球のミツバチの4分の1が消失したとも言われています。

原因として、最近疑われているのが1990年代から世界で急速に普及した農薬(ネオニコチノイド)です。
農薬が散布された畑で蜜を集め、巣に戻る。それをみんなで食べているため、被害が「一族」に広がっているということです。

ただし、まだ科学的には、これが原因であるという立証はされていません。
農薬が原因であれば、以前から(むしろ以前のほうが)大きい被害が出ていておかしくありませんね。
また、ハチミツの中から農薬が検出されたという事例はないようです。

ミツバチの数が減れば、当然ハチミツ生産量が減ります。さらに、もっと深刻な影響が起きそうなのです。

じつは、世界の農産物の1/3はミツバチに授粉を頼っているのです。そのため専門家からは、「100種類近くの農作物が危機に瀕している」と人間の生活への“実害”を懸念する声も出ています。

受粉作業の大部分をミツバチに依存している農作物としては、りんご(90%)、アスパラ(90%)などがあります。
またアーモンドにいたっては100%をミツバチの“作業”に依存しているのです。

その他にもナシ、アプリコット、メロン、ブロッコリ、ニンニク、タマネギ、ピーマン、トマト、コーヒーも、ハチの受粉に依存しています。

ミツバチがいなくなったとしたら、同じ作業をわたしたち人間が行わなければいけません。
もしくは、ミツバチと同等の労働ができるロボットを発明しなければいけません。

これらが非常に困難で、コストが高く付くことは容易に想像できるでしょう。
となれば、世界の食料生産量は減り、価格も高騰するでしょう。

http://thepage.jp/detail/20130909-00010001-wordleafより抜粋

続きを読む
ブログパーツ
プロフィール

ふの

RSS
follow us in feedly
QRコード
QRコード
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ
にほんブログ村
アクセスランキング
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 【悲報】国民に「ステルス値上げ」がバレ始める
  • さんまは「時代遅れ」 厳しい風当たり 時代はサンドウィッチマン
  • 「ダイソー」を展開する会社が、初めて300円ショップへ
  • 「ダイソー」を展開する会社が、初めて300円ショップへ
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
最新コメント
スポンサードリンク
記事検索
最新記事(画像付)