1: 名無しさんR
青色発光ダイオード(LED)による育毛作用を発見
第 35 回 日本美容皮膚科学会学術大会で発表、優秀演題賞を受賞

 株式会社ナリス化粧品(代表者:村岡弘義 本社:大阪市福島区)は、7 月 29 日~30 日に開催された、第 35回日本美容皮膚科学会学術大会にて、「青色発光ダイオード(以下、青色 LED)の育毛作用」について発表し、優秀演題賞を受賞しました。日本美容皮膚科学会は、美容皮膚科全般に関する研究及びその成果の普及を目的とし、皮膚科医を中心に約 1900 名を擁す学会です。今年の学術大会は、グランフロント大阪で開催され、今回は一般演題として 41 件が採択され、そのうち、6演題が優秀演題賞に選ばれました。

■LED のヒトに対する作用研究の背景
 LED 電球や LED 蛍光灯など、LED 照明を使用することによる人体への影響として、LED からの光に含まれる青色光(ブルーライト)による目の疲労や生体リズムの不調、睡眠障害など、間接的な障害が懸念されています。
 一方、当社では、光による皮膚の細胞賦活の機能を持つ美顔器(メガビューティー*1)の研究開発の中で、青色 LEDが、他の赤や黄、オレンジなどの光とは異なる肌への影響を見いだしたことから、青色 LED に着目するに至りました。
*1 http://www.megabeauty.jp

■青色 LED に複数のタイプの薄毛改善作用を確認
 薄毛発生には様々な原因がありますが、今回の研究では、青色 LED が、体毛・毛髪の双方に育毛作用を示し、特に薄毛悩みのある方での実使用(6 か月)においても、顕著な育毛効果が認められました。培養細胞を用いた検討を行ったところ、育毛作用における HGF(Hepatocyte Growth Factor:細胞増殖因子の一種)の発現促進が認められ、青色 LED の育毛作用が HGF を介したものである可能性が示唆されました。
 今後、皮膚や毛髪における青色 LED の受光メカニズムや様々な薄毛悩みを有する方に対する作用の検討が課題であると
考えています。

そー
http://www.naris.co.jp/wp-content/uploads/69dcfcd219576e0871393a74692acb83.pdf
no title

続きを読む