2chニュース速報まとめR速

2ch(2ちゃんねる)のニュース・速報板から気になる記事をまとめご紹介しています。ジャンルは政治、経済、芸能、スポーツ、社会、仕事、ゲーム…など面白そうなものを選んでいます。

映画

【映画】佐藤浩市ジュニア・寛一郎が俳優デビュー、契機は祖父・三國連太郎さんの死「注目をプラスに」

1: 名無しさんR 2017/03/03(金) 05:22:08.10 ID:CAP_USER9
スポーツ報知 3/3(金) 5:03

 故・三國連太郎さん(享年90)の孫で、俳優・佐藤浩市(56)の息子が、寛一郎(かんいちろう、20)の芸名で俳優デビューすることが2日、分かった。映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(東野圭吾原作、廣木隆一監督、9月23日公開)で主要な役を演じる。このほどスポーツ報知のインタビューに応じ、役者になる決意に至るまでの経緯を語った。プレッシャーも覚悟の上。息子の選択に、佐藤はある言葉を返したという。

 「よろしくお願いします。取材は初めてです」。物静かな話し口調。情熱が表に出る役を多く演じてきた父とは一見、対照的でナイーブな印象を受ける。スラリとした体形。独特の雰囲気の持ち主だ。

 幼いころは「将来やりたいと思うものがない、夢のない子供でした」。偉大な祖父、父のもとに生まれ「いつも苦しさのようなものを感じていたのも事実です」と言葉を選びながら、胸の内を明かす。「それが思春期を過ぎて意識が変わった。17、18歳です」。役者願望が芽生えたのは、寛一郎をとてもかわいがっていたという三國さんが旅立ったころと重なる。

 父親の仕事をリアルタイムで見てきた。その昔、父と祖父の間にわだかまりがあり、父が苦しんでいたのも知っている。そして「役を演じる」ことは覚悟、真剣さ…全身全霊で臨むものだと理解している。それだけに「自分から『役者になりたい』と言うことが、どれだけ恥ずかしいか。他人にも、家族にもずっと言いませんでした」。

 家族に将来を強制されたことは一度もない。俳優になる決意を父親に伝えた。世襲ではないのに親子3代。わずかな沈黙の後、返ってきたのは「そうか」。その一言だった。「重くて、深い『そうか』だと受け止めました」

 デビュー作「ナミヤ―」は、たまたま入った雑貨店で起きる幼なじみの青年3人の、時空を超えたファンタジーミステリー。主演のHey! Say! JUMP・山田涼介(23)がリーダー格の敦也役。少年らしさを残す翔太に村上虹郎(19)、寛一郎は、気は弱いが繊細で観察眼の鋭い幸平という役どころを演じる。三國さんと「釣りバカ日誌」シリーズで何度も共演した西田敏行(69)もキーマンで出演しているのが心強い。

 このほど撮影を終えた。「すべてが興味深いもので、これからもやらせていただきたい、と強く思いました」。父も闘った重圧も覚悟の上。「変なプレッシャーでなく、むしろありがたいこと。注目をプラスにできる強さを持っていたい」穏やかに語る中に、揺るぎないものを感じさせた。(内野 小百美)

 ◆父・佐藤浩市と祖父・三國連太郎さんが小学校卒業時に朗読

 祖父、父の愛情を物語るエピソードに、寛一郎の小学校卒業時の出来事がある。寛一郎にとって三國さんは優しいおじいちゃんだった。学年ごとの出し物で、佐藤は三谷幸喜氏に“新作”を発注。佐藤、三國さんというレアな共演による朗読が実現した。

 小学時は合唱部の経験もある寛一郎。「あの時は恥ずかしさもあって。やめてほしい気持ちもありました」と懐かしそうに回想した。

 ◆寛一郎(かんいちろう)本名・佐藤寛一郎。1996年8月16日、東京都生まれ。20歳。父は佐藤浩市、母は俳優座に所属していた元女優の広田亜矢子。高校卒業後、米ロスに短期留学。映画「菊とギロチン」(来年公開)への出演も決まっている。「5文字は長いので」と名字を取って名前を芸名にすることにした。身長182センチ、体重60キロ。

 【祖父、父のデビュー】 祖父の三國さんは太平洋戦争に徴兵され、終戦後28歳の時に映画「善魔」(1951年)で俳優デビュー。当時松竹は「阪大工学部卒で水泳のチャンピオン」などとウソの経歴書を配っていた話は有名。父の佐藤は20歳の時にNHK主演ドラマ「続・続事件」(80年)でデビュー。82年「青春の門 自立篇」で映画初主演した。


・独特の雰囲気がある寛一郎。映画では役のために髪を短くして臨んだ
no title

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170302-OHT1T50273.html

続きを読む

今はなんともないのに……子供のころはなぜか怖かった映画・アニメのワンシーン8選

1: 名無しさんR 2017/02/22(水) 18:39:24.87 ID:Rk7J090u0

大人になると恐怖に対する免疫がつくものですが、子供のときというのは基本的に無防備で想像力も豊か。映画・アニメのふとしたワンシーンが、どうしようもなく怖く感じたりするものですよね。そこで今回、「子供のときにこわかった映画やアニメのワンシーンは?」というテーマで、大学生約400人から意見を集めてみました。

■今はなんとも思わないけど、子供のころは怖かった映画・アニメのワンシーンはどんなものですか?

●アンパンマン
・顔が欠けているのが怖かった(女性/21歳/大学3年生)
・アンパンマンの顔が水で濡れてしまうところ。自分も顔に水がかかるのを嫌がっていたから(女性/20歳/大学2年生)

●となりのトトロ
・単純にトトロの顔が怖かった(女性/20歳/大学2年生)
・メイちゃんが迷子になってしまうところ。小さいときそのシーンを見たときとってもハラハラしてしまったから(女性/19歳/大学1年生)
・猫バスがなんとなく不気味だった(女性/19歳/大学1年生)

●ドラエもん
・映画「のび太の宇宙漂流記での幻惑の星」で、宇宙人が怖かった(男性/22歳/大学3年生)
・ジャイアンとのび太の喧嘩。殴り合いが苦手だった(女性/19歳/大学2年生)
・「どくさいスイッチ」の回が、恐怖以外の何者でもない(男性/19歳/大学1年生)

●もののけ姫
・手が切れるシーン。予告編でそこだけ流れるから(女性/20歳/大学2年生)
・タタリ神が登場するシーン。いきなり石垣を壊して登場するから(男性/23歳/大学4年生)
・コダマがいっぱい出てくるところ。気持ち悪くて無理だった(女性/23歳/短大・専門学校生)

●千と千尋の神隠し
・キャラクターが怖かった(男性/20歳/大学2年生)
・お父さんとお母さんがブタになるところ。小さいとき観て、自分の両親もブタになるんじゃないかと思ったから(男性/20歳/大学2年生)

●その他
・金田一少年の事件簿の能面。夜寝れなくなるくらい怖かった(女性/24歳/大学院生)
・名探偵コナンの犯人が黒いシルエットで出てくるとき。小さい頃は黒ってだけで怖かったから(女性/20歳/短大・専門学校生)

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/47284

続きを読む

ジョジョ第4部 神木隆之介の康一ビジュアル公開 実写史上最強の再現度キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

1: 名無しさんR 2017/02/08(水) 09:26:53.85 ID:ERyXnXZW0

no title

no title


荒木飛呂彦原作による実写映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」より、神木隆之介扮する広瀬康一と、小松菜奈扮する山岸由花子のビジュアルが公開された。

広瀬康一は山崎賢人演じる東方仗助の同級生であり、友達思いで平和を愛する高校生。一方山岸由花子は、自分が通う学校に転校してきた康一の世話を焼くことに使命感を抱き、彼に一方的な思いを寄せるキャラクターだ。

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は8月4日にロードショー。なお映画の公式サイトでは、スマートフォン用待ち受け画像を本日2月8日よりプレゼントしている。

(c)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(c)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00000007-nataliec-ent

続きを読む

日本アカデミー賞にまたも疑問の声。業界関係者「意図的なものを感じさせられます」

1: 名無しさんR 2017/02/05(日) 22:15:03.55 ID:CaVmrsBa0

3月3日に授賞式が開催される「第40回日本アカデミー賞」の優秀賞発表会見が今月に都内で行われた。

その結果、「怒り」(李相日監督)が【優秀作品賞】のほか、女優・宮崎あおいの【優秀主演女優賞】、広瀬すずの【優秀助演女優賞】など最多の11部門を受賞したほか、「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督)と2部作の前編「64-ロクヨン-前編」(瀬々敬久監督)が10部門、大ヒット公開中のアニメ映画「君の名は。」(新海誠監督)が4部門で受賞した。

いずれも話題作だけに、受賞した各部門の【最優秀賞】の大本命となりそうだが、その一方で、早くも映画業界内からは疑問の声があがっているという。

「『怒り』の評価が高い割には、主演の渡辺謙が受賞できず。その反面、それほど評価が高くなかった『海賊とよばれた男』の岡田准一が【優秀主演男優賞】に入ったり、それほど話題にならなかった『家族はつらいよ』が【優秀作品賞】に入ったり…。毎年のことではありますが、どこか意図的なものを感じさせられます」(アカデミー会員の大手映画会社社員)

「日本アカデミー賞」といえば、2014年に北野武監督が出演したイベントで、「松竹とか東宝とかインチキくさいぜ。(日本)アカデミー賞だって、アレ、全部(大手映画会社が)交代で受賞しているじゃねえか。次は松竹の番だろ?」と選考などをメッタ斬りにして話題を集めた。

同年は松竹とアスミック・エースが共同配給した「舟を編む」が受賞したが、その後も北野武監督は「最優秀賞は大抵、松竹、東宝、東映の持ち回り」と発言するなど、事あるごとに同賞に対する批判を口にしている。

あの大監督が批判を繰り返す「日本アカデミー賞」はどうやって決まるのか?
http://japan-culture-labo.com/5613/1

続きを読む

【映画】『キネマ旬報』読者選出ベスト10発表『この世界の片隅に』『ハドソン川の奇跡』1位に

1: 名無しさんR 2017/02/02(木) 17:36:16.06 ID:CAP_USER9
2017年02月02日 16:29

 「2016年 第90回キネマ旬報ベスト・テン」の読者選出ベスト・テンが発表された。日本映画の第1位は『この世界の片隅に』となり、外国映画の第1位には『ハドソン川の奇跡』が選ばれた。

 『この世界の片隅に』は、太平洋戦争期の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも、前を向いて生きていくヒロイン・すずの姿を描いた感動作。女優ののんが初めてアニメの主演声優を務めたことで話題を呼んだ。一方、『ハドソン川の奇跡』は、クリント・イーストウッド監督とトム・ハンクスがタッグを組み、マンハッタン上空で制御不能となった飛行機を不時着させ、乗員乗客155名全員生存という奇跡を成し遂げたサレンバーガー機長の姿を描く感動のドラマだ。

 「キネマ旬報ベスト・テン」は、1924年(大正13年)から続く歴史ある映画賞。途中、戦争による中断を挟んだものの、継続的にベスト・テンが選出され続けており、今回で節目の90回目を迎える。『この世界の片隅に』と『ハドソン川の奇跡』は、ともに「2016年 第90回 キネマ旬報ベスト・テン」作品賞とのダブル受賞という快挙を達成している。

読者ベスト・テン(日本映画・外国映画)は下記の通り。

読者ベスト・テン(日本映画)
1位『この世界の片隅に』
2位『シン・ゴジラ』
3位『怒り』
4位『君の名は。』
5位『リップヴァンウィンクルの花嫁』
6位『64‐ロクヨン‐ 前編』『64‐ロクヨン‐ 後編』
7位『湯を沸かすほどの熱い愛』
8位『永い言い訳』
9位『海よりもまだ深く』
10位『淵に立つ』

読者ベスト・テン(外国映画)
1位『ハドソン川の奇跡』
2位『キャロル』
3位『スポットライト 世紀のスクープ』
4位『ルーム』
5位『レヴェナント:蘇えりし者』
6位『オデッセイ』
7位『ブリッジ・オブ・スパイ』
8位『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
9位『ブルックリン』
10位『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』


http://www.crank-in.net/movie/news/47987

続きを読む

映画館でイラついた迷惑行為 最も多いのが「おしゃべり」

1: 名無しさんR 2016/12/20(火) 16:07:58.42 ID:58iHBsUZ0

no title


2016年は映画がヒットした年。新語・流行語大賞の候補30語にノミネートされた庵野秀明総監督の『シン・ゴジラ』は興行収入81億円、新海誠監督の『君の名は。』は206億円のメガヒット。

また、物語の舞台となった場所を訪れる「聖地巡礼」は流行語トップテンに選ばれ、映画から波及したトレンドも派生している。

今年、久しぶりに映画館に行った人も多いのではないだろうか。映画館で気になるのは、鑑賞マナーだ。

そこで、しらべぇ編集部では、全国20代~60代の男女1,362名を対象に、迷惑行為に関する調査を実施した。

■映画館で見かけた迷惑行為

しらべぇ編集部が映画館の迷惑行為9つをピックアップし、「ここ最近、映画館で見かけた迷惑行為」について、複数回答で選んでもらった。

no title


一番体験している迷惑な為は「おしゃべり」だった。最近でも2割以上が経験している。おしゃべりするのは発声可能上映だけにしてほしいものである。

次に多かったのは「椅子を蹴られる行為」だった。上映前の注意事項に必ず入っているが、それでもなお、蹴られる行為は上位にきている。

ほかに挙げた迷惑行為はそれぞれ1割程度が体験しており、「口臭・体臭」「カップルのイチャイチャ」にあった割合はさらに少なくなっている。

映画館でいやな体験をして、ストレスを感じている人が少なからずいると判明した。

http://sirabee.com/2016/12/20/20161042916/

続きを読む

【討論】 なぜマンガの実写化は原作レイプになりがちなのか

1: 名無しさんR 2016/11/01(火) 08:51:32.09 ID:Y9nYZwL80
マンガ実写化
ファンに受け入れられないのはなぜか アレルギー解消の秘策は?


 人気マンガやアニメが実写化されるニュースが飛び交う昨今。原作ファンからは驚きとともに否定的な意見がネット上を席巻することも珍しくない。どうすればファンも受け入れられる実写版が生まれるのか。週に約100本(再放送含む)のアニメを視聴する“オタレント”の小新井涼さんが、これまでの実写化作品をひも解きながら独自の視点で分析する。

 「鋼の錬金術師」、「銀魂」に続き、ついに「ジョジョの奇妙な冒険」の実写映画化が発表されました。もはや説明不要の人気作だけあり、早くも話題騒然。そして、残念ながら実写化ではつきものとなった原作ファンからの“黄色くない悲鳴”もあがっているようです。

 クロスメディア展開が当たり前となった現在、どんなに数が増えてもアニメ化や舞台化と違い“実写化”という言葉にはどうしてもネガティブな印象を抱きがちです。ファンはなぜこれほどまでに、実写化に対してアレルギー反応を起こしてしまうのでしょうか。

 同じ実写化でも、ゼロではありませんが、上記の作品ほど強いアレルギー反応は起きないものもあります。今年ならば、同じくアニメ化もされた「暗殺教室」、「orange-オレンジ-」、「ちはやふる」などはそれにあたるのではないでしょうか。

 日本の学校が舞台だったりと、現実と“地続き”のこれらの作品は、実写化に伴って世界観が大きく改変されることはありません。そこに“殺せんせー”や“未来からの手紙”など、部分的に非現実的なエッセンスが混ざる程度ならば、まだ許容範囲なのだと考えられます。

 過剰なほどアレルギー反応が起こるのは、やはり実写化不可能と思われるほど現実離れした作品です。アニメや2.5次元舞台と違って、原作の世界観を再現しようとすればするほど、作り物感が際立ってしまう実写化のジレンマもあるのでしょうか。

 結果、設定やストーリーに大きな変更が加わることが多く、どうしても原作のイメージから遠ざかってしまい、ファンの「コレジャナイ感」に繋がってしまうのです。こうなってくると、一見過剰にも思える原作ファンのアレルギー反応にもうなずけます。決しhttp://mainichi.jp/articles/20161031/dyo/00m/200/028000c

続きを読む

【激烈バカ】映画「デスノート」に怒り爆発! 登場人物が全員バカ! 観客失笑「バカが頭脳戦する映画」

1: 名無しさんR 2016/10/31(月) 20:57:56.13 ID:cWzpLZiJ0

「デスノート Light up the NEW world」が2016年10月29日から公開され、大きな話題となっている。

実際に映画を観た人たちの声に耳を傾けると、「登場人物が全員バカ」や「バカが頭脳戦をやろうとする映画」など、あまりにも低レベルな頭脳戦に不満の声があがっているのがわかる。

以下は、観客やインターネット上の声の一部である。

・デスノート新作映画に対する声
「登場人物が馬鹿ばっかり」
「馬鹿なキラもどきが馬鹿なLもどきとノートを争ったってだけの駄作」
「原作が天才同士の戦いに対し今回のは馬鹿同士の戦い」
「デスノート、普通に馬鹿すぎワロタって感じ」
「予想出来なくて面白かったけど新キャラはみんな馬鹿に見えて魅力なかった」
「登場人物全員馬鹿ばっかりだ」
「デスノート 馬鹿にでも分かりやすい頭脳ゲームを展開してくれててありがとう」
「要するに各人物の行動が馬鹿」
「登場人物全員頭悪いし、特にLの馬鹿っぷりが半端じゃない」
「馬鹿VS馬鹿」

・バカと言われている登場人物
主人公 …… バカ
L …… 激烈バカ
キラ …… バカ
松田 …… バカ
ミサ …… バカ
紫苑 …… バカ
ほか多数 …… バカ

まだこの作品を観ていない人からは「新しいデスノートが馬鹿3人が心理戦するだけって叩かれてるけど逆に見たい」や「馬鹿ばっかなら観に行かなくてもいいかな」との声が出ている。

・面白い作品にはなり得る
しかしながら、一部からは絶賛する声が出ているのも事実。よくよく考えてみれば、いくら登場人物が全員バカだったとしても、それが直接「つまらなさ」につながるとはいえない。バカだらけでも面白い作品にはなり得る。

ちなみに「おれバカだから頭脳戦はわかりやすいほうが嬉しいわ」という声も出ていた。バカの頭脳戦はバカには嬉しいのだろうか。とりあえず判断するには観るしかない。

http://buzz-plus.com/article/2016/10/31/death-note-lightup-the-new-world/
no title

no title

no title

https://youtu.be/xtXsv90MdGs


続きを読む

絶対に観ておきたい80年代の傑作ホラー映画10選

1: 名無しさんR 2016/09/28(水) 16:17:02.76 ID:s01GYzlZ0
no title


今年は空前の80年代ブーム!

ドラマにしても音楽にしても80年代を意識した作品がヒットしたり、80年代に大ヒットした玩具が再び脚光を浴びていますよね。

映画においても、80年代作品のリメイクやリブートが盛んですし、80年代要素を詰め込んだショートムービーが人気を博したり、当時の大スターを集結させた高齢アクション映画がシリーズ化したり、これまでにないほどもてはやされています。

そんなブームにのって、いまこそ改めて知っておきたい80年代。今回は、その時代の中でも最も輝いていたホラー映画に注目したいと思います。

では、Cheetsheetが選んだ絶対に観ておきたい80年代の傑作ホラー映画10選をどうぞ。

「シャイニング」(1980年)

「13日の金曜日」(1980年)

「チェンジリング」(1980年)

「死霊のはらわた」(1981年)

「ポルターガイスト」(1982年)

「遊星からの物体X」(1982年)

「エルム街の悪夢」(1984年)

「エイリアン2」(1986年)

「ニア・ダーク/月夜の出来事」(1987年)

「チャイルド・プレイ」(1988年)

http://www.gizmodo.jp/2016/09/80-horror-best.html

続きを読む

「シン・エヴァンゲリオン」に庵野秀明監督が言及「今、頑張っています」

1: 名無しさんR 2016/09/16(金) 14:52:55.87 ID:8h4LvzEA0
庵野秀明「シン・ゴジラ」続編可能性は「東宝に聞いて」 「エヴァ」新作にも言及

東宝が約12年ぶりに製作したシリーズ最新作「シン・ゴジラ」の全国一斉発声可能上映が9月15日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、出演した市川実日子(尾頭ヒロミ役)、松尾諭(泉修一役)、高橋一生(安田役)、総監督・脚本を務めた庵野秀明が舞台挨拶に出席。

客席から「『シン・エヴァンゲリオン』は? いつでも待っています」と語りかけられると、「ありがとうございます。頑張ります、ていうか今、頑張っています」と明かしていた。

http://eiga.com/news/20160916/2/

続きを読む
ブログパーツ
プロフィール

ふの

RSS
follow us in feedly
QRコード
QRコード
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ
にほんブログ村
アクセスランキング
スポンサードリンク
ギャラリー
  • 【悲報】国民に「ステルス値上げ」がバレ始める
  • さんまは「時代遅れ」 厳しい風当たり 時代はサンドウィッチマン
  • 「ダイソー」を展開する会社が、初めて300円ショップへ
  • 「ダイソー」を展開する会社が、初めて300円ショップへ
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
  • 【動画】原宿に新オープンしたインスタ映えする日本一長いスイーツ店に行ってきた! さすがに長い!
最新コメント
スポンサードリンク
記事検索
最新記事(画像付)