2chニュース速報まとめR速

2ch(2ちゃんねる)のニュース・速報板から気になる記事をまとめご紹介しています。ジャンルは政治、経済、芸能、スポーツ、社会、仕事、ゲーム…など面白そうなものを選んでいます。

車・バイク・自転車・乗り物

トヨタ・プリウスはなぜ不人気になったのか? 自動車評論家が解説

1: 名無しさんR
2015年12月に発売した4代目プリウスの売れ行きが低迷している。先代の場合、発売から2年間は「生産出来る台数=売れる台数」という好調さをキープものの、現行モデルは発売1年にして対前年比で60%台という低空飛行になってしまった。なぜプリウスが低迷しているのか?

本来なら乗り換え客になるだろう2代目や3代目プリウスの乗っているユーザーや、プリウスを販売している現場に話を聞くと、どうやら三つの大きな要因があるようだ。1)奇抜過ぎるデザインと、2)変わり映えのない性能。3)そして高すぎる価格である。順番に説明したい。

まずデザイン。先代プリウスの場合、素直かつトラッドなデザイン&シルエットを持つ5ドアHBモデルであり、街中でたくさん見かけても飽きない存在だった。加えてタクシーとして使って乗客から不満の出ないリアシートの居住性を持つ。一方、新型プリウスのフロントデザインは奇抜。

目立つためのデザインなのかもしれないが、2代目や3代目プリウスのユーザーからすれば、魅力を感じないという。私も初代から3代目まで全てのプリウスを乗り継いできたものの、現行プリウスは見た瞬間に受け付けず、オーダーしなかった。また、リアシートもルーフが低く快適性で厳しい。

性能も大いに失望した。現行プリウスの開発チームに話を聞くと「燃費を追求しました。3代目より実用燃費で10%程度向上しています。動力性能は同等です」。3代目プリウスでも十分燃費で満足出来ていたため、ユーザーからすれば性能の向上などクルマとしての魅力を向上させて欲しかったところ。

開発陣に聞くと、燃費が3代目と同等でOKなら走る楽しさに直結する性能を大きく改善出来たという。性能向上を実現しなかった点についていえば、世界的に厳しい評価を受けている。同じ販売台数の低迷に悩むアメリカ市場も「もう少し元気良い走りを期待していた」という声が多い。

そして価格。デザインも性能も高い評価を得られていないのに、価格は実質的に10%程度の値上げ。驚くほどお買い得な価格設定とし、生産が間に合わないほどのバックオーダーを受けた3代目と対照的である。結果、値引きしないで売れるクルマの代表格だったプリウスながら、今や普通に値引きを行う。

全文
https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20171014-00076915/

続きを読む

クラウンを、7年ぶりにフルモデルチェンジ クラウン初となるTNGAの採用

1: 名無しさんR
新型クラウンは「走行性能の追求」と「コネクティッド技術」の両輪で開発

トヨタは、1955年に初代が誕生して以来、日本車で最も伝統ある最上級セダン「クラウン」を、7年ぶりにフルモデルチェンジする。
15代目となる新型クラウンは、クラウン初となるTNGAの採用により、3代続いたプラットフォームを一新するなど、クルマをゼロから開発。

ドイツのニュルブルクリンクサーキットで走行テストを実施するなど、意のままに操れるハンドリング性能に加え、低速域から高速域、荒れた路面など、あらゆる状況においても目線のブレない走行安定性を実現するという。


さらに新型クラウンでは、車載通信機の全車標準装備により、IoT社会への対応や、ビッグデータ活用によるカーライフサポートの充実化など、コネクティッド技術の革新的進化も注目される。

. 新型クラウンの主要諸元

新型クラウンは、2017年10月25日(水)から11月5日(日)までの12日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される第45回東京モーターショー2017において「クラウン コンセプト」として初披露される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00010003-autoconen-bus_all

続きを読む

スーパーカブ国内生産へ

1: 名無しさんR
 ホンダが、ロングセラー二輪車「スーパーカブ」の生産を中国から熊本製作所(熊本県大津町)に戻すことが26日、分かった。コスト削減のため2012年から生産を中国に移していたが、当時と比べて為替が円安に推移していることを受け国内回帰を決断。ブランドイメージの向上を図る狙いもあるとみられる。

 排ガス規制の強化に対応し、約5年ぶりに全面改良するのを機に熊本で生産する。新型車は11月10日発売で、排気量50ccの「スーパーカブ50」は23万円程度、110ccの「スーパーカブ110」が27万円程度となり、いずれも約4万円の値上げとなる見込みだ。(共同)

http://mainichi.jp/articles/20170927/k00/00m/020/025000c

続きを読む

【自動車】日産 シルビア 15年振り復活へ…次世代「VC-T」エンジン搭載

1: 名無しさんR 2017/09/25(月) 12:16:48.76 ID:CAP_USER9
かつて一世を風靡した日産のスペシャリティ・2ドアクーペ『シルビア』がコンセプトモデルとして、10月の東京モーターショーに出展される可能性が浮上した。

シルビアは1965年、2ドアノッチバッククーペとして初代が登場。1979年に登場した3代目を筆頭に、デートカーとしての地位を築いた。惜しまれながらも2002年に生産終了したシルビアだが、レースやスポーツ走行のベース車として今も人気の高いモデルとなっている。

そんなシルビアが、生産終了から15年の時を経て、2018年にシルビアとして復活、発売される可能性があるという。そのお披露目の舞台が、東京モーターショーというわけだ。今回独自に入手した情報をもとに、レスポンスの兄弟サイトSpyder7では、シルビア次期型の予想CGを作成した。

スポーティ&スペシャリティをコンセプトに、直線と曲面を融合させたデザインを特徴とし、日産Vモーショングリルを大型化、スカート部にはカーボンを使用している想定とした。コンセプトカーらしく屋根は大胆な全面グラスルーフとし、フェンダーやフロント吸気口もワイドに迫力感を出した。ヘッドライトは、「S15型」最終モデルからインスピレーションを得た薄くシャープなデザインとしている。

「S16型」(仮)となる次期型パワーユニットは、日産の高級車ブランド「インフィニティ」が2016年のパリモーターショーで公開した、世界初の次世代量産型可変圧縮比エンジン「VC-T」が有力だ。2018年から量産車へ搭載していくとされ、インフィニティのクロスオーバーSUV『QX50』新型へ採用されると見られている。

2リットル直列4気筒ガソリンターボであるこの新エンジンは、大パワー&高トルクとともに低燃費も実現。環境にも特化した高性能エンジンだ。まさに次世代のシルビアにうってつけの
エンジンといえるだろう。
no title

no title

http://response.jp/article/2017/09/25/300180.html

続きを読む

交差点左折で車の「左幅寄せ」に賛否 「怖い」「教習所で教わった」←バイク・チャリがウザイからやれ

1: 名無しさんR 2017/06/17(土) 14:59:13.82 ID:cs2kx7pq0
ロードバイクを愛用する男性が交差点の信号待ちで横や前に出ないように車から幅寄せされたと不満を訴え、ツイッター上で論議になっている。

この男性は、2017年6月中旬のツイートで幅寄せを指摘した。投稿された写真を見ると、ワゴン車が横断歩道のある交差点で路肩の白線をはみ出るほど左側に寄っている。

■ロードバイク愛用者のツイートがきっかけ

横の歩道にはガードレールがあり、ロードバイクがワゴン車の横にも前にも路肩からは狭くて出られない状況だ。

このワゴン車は、信号で止まるたびに、男性の前に幅寄せしてきたといい、その行為に対して腹が立ったと男性はつぶやいている。

ツイッター上では、「ものすごいわかる!! 」「幅寄せは接触の可能性高まるだけ」と、自転車利用者らからは男性に共感の声が集まった。一方、「信号の度に抜き返さないといけないから寄せられる」「怖いから自衛することくらいあるよ...」「どうせ車の方が早いので後ろで待てばいいじゃないですか」といった指摘もあり、論議になっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000008-jct-soci
no title

続きを読む

【え、普通車に憧れてたの?】 クルマの見栄えを一新させる!軽自動車で「白ナンバー」を取得する方法

1: 名無しさんR 2017/06/11(日) 18:46:01.54 ID:71K4p/rE0
1975年以降、黄色のナンバープレートがトレードマークになった軽自動車ですが、ダイハツ「コペン」やホンダ「S660」などのスポーツモデルの場合、クルマのイメージに合わない……と感じているユーザーも少なくないのではないでしょうか。

新型車のカタログ等では、黒色系のプレートを装着することで意図的にナンバープレートの存在感が薄められているため、納車後に改めて気になることが多いようです。

そこで今回は、愛車のコーディネートに拘るユーザーにとって悩ましい「黄ナンバープレート」の見栄えを解決する方法についてご紹介したいと思います。

国土交通省が今年の4月に交付を開始した「特別仕様ナンバープレート」では、プレートが白色ベースなので、黄色のナンバープレートが不評だった軽自動車ユーザーの間で、「白ナンバー」が取得できると話題になっているようです。

これまで長らく「黄色」しか選択肢が無かった軽自動車のナンバープレートですが、2019年11月末までの期間限定で「白ナンバー」の交付申請が可能になりました。

これは2019年に日本で開催される「ラグビーワールドカップ」を記念して設定されたもので、ラグビーの図柄+ロゴタイプ(寄付金付き)と、ロゴのみ(寄付金無し)の2種類が存在。ウェブサイトから申し込めば取得可能です。

申し込みから交付までの流れがHP上に記載されています。

交付手数料は各地域で異なるようですが、概ね7,000円前後となっており、ディーラーなどでも手続きは代行してもらえますが、別途手数料が発生します。

申込期間 2017年2月13日(月)~2019年11月29日(金)
交付期間 2017年4月3日(月)~2020年1月31日(金)

ちなみに、ETCゲート通過時にはETC車載器の登録内容に基づいて相互データ通信しており、軽自動車で白ナンバーだからといって、ゲートが開かないといった事象は発生しないそうです。

但し有人ゲートでは、ナンバープレート色で判断されて普通車の料金を徴収されないように注意が必要かもしれません。

今回の交付は新車・中古車購入時に限られた話では無く、登録ナンバーをそのままに、現在の愛車の黄色ナンバーを白ナンバーに交換することも可能。

以前から黄色のナンバープレートが気になっている読者は、この機会に白ナンバー化を検討されてみては如何でしょうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170611-00480216-clicccarz-bus_all

続きを読む

クロスバイクvsロードバイク 初めてのスポーツバイクはどちらを選ぶべき?

1: 名無しさんR 2017/05/20(土) 21:09:11.87 ID:OhtKXyVo0
 数あるスポーツの中でもとくに男女差が大きいと言われるサイクルスポーツ。悩みや疑問が出てきても、身近に相談できる人がいなかったり、男性では聞きにくかったり…。そんな女性サイクリストのみなさんからの相談を、Facebookの大グループ『自転車女子部』を主宰している“ヨーコ部長”こと青木陽子さんがどーんと引き受けます。質問もどしどしお送りください!今回はスポーツバイクに挑戦したいという女性からの相談。最初に購入するならクロスバイクとロードバイク、どちらを選ぶべき?─。

 こんにちは、ヨーコ部長です。この相談も頻繁にいただく質問です。わたしはまず「クルマの運転はしますか? 運転は好きですか?」と聞きます。ドライブするのが好き、クルマの運転は苦にならないほうだという人には、最初からロードバイクで大丈夫だろうとアドバイスしています。

 反対にクルマの運転は苦手、あまり好きでないという人は、クロスバイクから始めるほうが安心かもしれません。言うまでもなく例外はあるはずで絶対ではありませんが、経験的にこれは当てはまることが多いと思っています。

http://cyclist.sanspo.com/woman/334724

続きを読む

【車】スマートキー装備の車 約2200円ほどの機械で盗めることが判明 中国のハッカーが公開

1: 名無しさんR 2017/05/04(木) 09:25:30.09 ID:1oQvzNFt0
ポケットやカバンの中にキーを入れたままでも、自動車に接近したりドアノブにそのまま触れたりするとロックされていたドアを開けることができる「スマートエントリー」「インテリジェントキーシステム」などと呼ばれている仕組みを搭載した車を、中国のハッカーグループが20ドル(約2200円)ほどで手に入るハードウェアを利用して盗み出せることを実証する映像を公開しています。

Chasing Cars: Keyless Entry System Attacks « HITBSecConf2017 - Amsterdam

https://conference.hitb.org/hitbsecconf2017ams/sessions/chasing-cars-keyless-entry-system-attacks/

スマートキー装備の車 約2200円ほどハードウェアで盗めることが判明
http://news.livedoor.com/article/detail/13017809/
https://youtu.be/bXfp8F4J2eI


続きを読む

【社会】バイク販売不振、原付はここ10年で半分以下に大幅減 駐車場不足も課題

1: 名無しさんR 2017/04/16(日) 18:22:02.69 ID:CAP_USER9
 バイクの国内での販売不振から抜け出す挑戦も見られました「第44回東京モーターサイクルショー」。しかし、不振の背景は複雑で決め手となる対策もいまだに不明で、消費者の動向とは別にさまざまな規制やバイク環境への無関心なども指摘されています。現状を見てみました。

原付一種がここ10年で半減

 国内のバイク構成は排気量の小さめな車種が中心。国交省や日本自動車工業会などによると、2014年時点の全国の二輪車の保有台数は1182万台。道路運送車両法の区分の場合、いわゆる「原付」である原付一種(50cc未満)が666万台で半数以上の56%を占め、軽二輪(125~250cc)は197万台で17%、原付二種(50~125cc)162万台14%、小型二輪(250cc~)156万台13%と続きます。

 二輪車の使用用途は「通勤・通学」38%、「買い物や用足し」30%と日常生活の移動手段が中心で、「ツーリング」は11%。排気量が大きくなるとツーリングなどの趣味の利用が多くなるとしています。

 二輪車の販売台数の動きを見ると2005年の約74万台が、リーマンショックがあった2008年に56万台に急減、2009年にさらに40万台に減った後は若干の増減を繰り返しながら2014年は約45万台でした。

 原付一種が2005年の47万台から2014年には22万台へと半分以下に大きく減っているのが特徴。その半面、排気量が大きくなる小型二輪は同7万6000台から同7万台へと微減で、2011年以降は5万~7万台の増減を繰り返してほぼ横ばいを維持しています。

 軽二輪は2005年の10万台が2014年には5万4000台に半減。一方、原付二種は同8万8000台が2013年には10万台、2014年には消費税増税があったのにもかかわらず9万6000台と堅調なのが特徴です。

駐車場は増えたがまだまだ少ない

 経産省は今後の二輪戦略として「国内市場の活性化で海外市場での地位を高め、次世代への進化を実現しなければならない」と危機感もうかがわせ、「二輪車関係者が二輪車の新しい価値を提案し、さらに海外市場の獲得に向けて取り組みを」と二輪車が消費者の興味を引く魅力づくりが重要だと指摘しています。

 具体的な目標として同省は官民一体によるバイクキャンペーンの実施などを通じ、(1)2020年に国内販売100万台市場を実現、(2)世界シェア50%の達成、などを掲げているほか、二輪車の駐車場整備、二輪車の高速道料金、免許制度などについても早急に取り組む方針を示しています。業界のみならず国も「二輪低迷」の対策に乗り出したと言えます。

 都市部を中心に二輪の駐車場が不足していることもかねて指摘されてきました。法改正で2007年以降に自動二輪の駐車場の整備がしやすくなりましたが、業界団体による調査(2014年)で自治体の70%以上が「設置を検討したことがない」と回答。受け皿づくりがほとんど進んでいないことも二輪車利用の環境整備の障害になっています。 

 日本二輪車普及安全協会によると、二輪車の駐車場の整備は、2008年に全国でわずか536か所(収容台数約1万4000台)だったのが2013年には3131か所(約7万1500台)へと増えました。しかし、バイクの利用者から見るとどこの街角にもある自動車の駐車場に比べ絶対数は極端に少なく、利便性には程遠いのが現状です。バイク駐車場への自治体や地域の取り組みが期待されています。

都市部で集中的に行われた取り締まり

(続きはソース元をご覧ください)
http://news.livedoor.com/article/detail/12943301/

続きを読む

【自爆自転車】「マジで死にかけたんですけど」突然壊れる恐怖 実は輸入が9割、国内メーカー製品もメイド・イン・チャイナ?

1: 名無しさんR 2017/01/27(金) 06:33:15.44 ID:CAP_USER9
http://www.sankei.com/west/news/170127/wst1701270003-n1.html

 突然自転車が壊れる。そんな事例が続発している。運転中にハンドルが折れたり、あるいはタイヤが外れたり…。自転車に見えない爆弾がついていて、ある日いきなり大破する、そんなイメージだ。車と違って国が定める安全基準がなく、型式指定審査のようなチェックシステムもない。輸入自転車の9割を占める中国をはじめ、海外から欠陥商品が流入している問題も指摘されているが、国産製品も例外ではない。けがをした人がメーカー側の製造物責任を問い、訴訟に発展するケースも相次いでいる。〝自爆自転車〟を見抜くにはどうしたらいいのか-。




突然ペダルが空回り…

 一瞬のことだった。

 平成26年12月13日の昼下がり。大阪市城東区で集金業務にあたっていた内山俊平さん(52)=仮名=は気がつくと、路上に投げ出されていた。左肩に激痛が走り、起き上がれなかった。

 直前まで、2日前に購入したばかりの自転車をこいでいた。トップギアの6段に変速した瞬間、ペダルの空転現象が起き、バランスを崩したのだ。

 「何が起こったのか…」。内山さんは苦痛に耐えながら、通りかかった女性に救急車を呼んでもらい、病院に搬送された。診断結果は左腕骨折など全治1年3カ月。それから休職を余儀なくされた。

 内山さんは憤る。「この事故で私の生活は一変した。本当に許せない気持ちだ」

 自転車は国内メーカーのものだった。メーカー側が行った調査により、内山さんの自転車のギアに欠陥があったことが判明する。6段に設定された際、ギアがギア台に十分に締結されず、ペダルが空回りするようになっていた。

続きを読む
ブログパーツ
livedoor プロフィール
RSS
follow us in feedly
QRコード
QRコード
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ
にほんブログ村
アクセスランキング
スポンサードリンク
ギャラリー
  • ネット以外に趣味を持ちなさいと言われたがお前らの趣味教えて
  • ネット以外に趣味を持ちなさいと言われたがお前らの趣味教えて
  • 【悲報】高級ブランド・ティファニー通販サイト「おねだりボタン」設置 / ねだられた男が払うサービス
  • 【悲報】高級ブランド・ティファニー通販サイト「おねだりボタン」設置 / ねだられた男が払うサービス
  • 【非正規差別?】会社のウォーターサーバー「正社員以外禁止」…派遣社員と差をつけることは違法?
  • 【緊急】ピルクルの飲み方、99%の日本人が間違えていた!!
  • 【緊急】ピルクルの飲み方、99%の日本人が間違えていた!!
  • “AI時代に消える人”の特徴
  • NVIDIAの人工知能が描いた絵がヤバイ…
最新コメント
スポンサードリンク
記事検索
最新記事(画像付)